ドコモがiPhone6に快適な通信環境「フルLTE」発表

公開日: 更新日:

 発売前から話題となっていた米アップルのiPhone新モデル「iPhone6」「iPhone6Plus」が19日、いよいよ登場した。前モデルよりもディスプレイが大きくなり、解像度もより鮮明になっているのが特徴だが、ユーザーとしては新モデルを扱うキャリア3社の通信環境がどうなっているかが大いに気になるところだろう。

 そんな中、ドコモは「iPhone6」の提供に合わせて新モデルで利用できる周波数帯域を整備した「フルLTE」をこのほど発表した。

 これは同社に割り当てられている1.7GHz、1.5GHzの帯域100%をLTE化するというもの。これによって、特に利用者の多い東名阪のiPhoneユーザーは、1.7GHz帯の下り最大150MbpsのLTE通信が利用可能となった。LTE対応基地局数も5万5300局から9万5300局に拡大し、FOMA基地局とほぼ同等になる。また、受信時最大速度は複数のLTE周波数(キャリア)を束ねて送受信を行い、伝送速度を高速化する技術「キャリアアグリゲーション(CA)」を採用することで現行の150Mbpsから、よりスピードアップした225Mbpsの国内最速を実現する見込みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  10. 10

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

もっと見る