ドコモがiPhone6に快適な通信環境「フルLTE」発表

公開日:  更新日:

 発売前から話題となっていた米アップルのiPhone新モデル「iPhone6」「iPhone6Plus」が19日、いよいよ登場した。前モデルよりもディスプレイが大きくなり、解像度もより鮮明になっているのが特徴だが、ユーザーとしては新モデルを扱うキャリア3社の通信環境がどうなっているかが大いに気になるところだろう。

 そんな中、ドコモは「iPhone6」の提供に合わせて新モデルで利用できる周波数帯域を整備した「フルLTE」をこのほど発表した。

 これは同社に割り当てられている1.7GHz、1.5GHzの帯域100%をLTE化するというもの。これによって、特に利用者の多い東名阪のiPhoneユーザーは、1.7GHz帯の下り最大150MbpsのLTE通信が利用可能となった。LTE対応基地局数も5万5300局から9万5300局に拡大し、FOMA基地局とほぼ同等になる。また、受信時最大速度は複数のLTE周波数(キャリア)を束ねて送受信を行い、伝送速度を高速化する技術「キャリアアグリゲーション(CA)」を採用することで現行の150Mbpsから、よりスピードアップした225Mbpsの国内最速を実現する見込みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る