トップは徳島県 機転の利く部下は「リアクション力」が違う

公開日:  更新日:

 自分の顔が猿に似ていると言われたことに悩む秀吉。「いいえ、猿の方が殿下を慕って顔を似せたのです」と言って笑わせたのは、秀吉の御伽衆の曽呂利新左衛門だ。部下の当意即妙の発言としてよく披露されるエピソードである。職場でも機転の利く社員はしばしば組織の潤滑油になったり、危機を救ったりするもの。今風に言えば、<リアクション力に優れた社員>ということになる。

「ダイドー働く大人力向上委員会」が、社会人の“リアクション力”について調査したところ、トップ3は1位=徳島県、2位=大分県、3位=佐賀県の3県。古くから商業が盛んな県が上位に並んだ。
 ダイドーは現在、HP上で「リアクション検定」を実施しているが、その設問と回答が参考になりそうだ。

 例えば、職場で上司の機嫌が悪いケース(表参照)。この場合、部下としてどういう言葉をかけた方がいいのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る