トップは徳島県 機転の利く部下は「リアクション力」が違う

公開日: 更新日:

 自分の顔が猿に似ていると言われたことに悩む秀吉。「いいえ、猿の方が殿下を慕って顔を似せたのです」と言って笑わせたのは、秀吉の御伽衆の曽呂利新左衛門だ。部下の当意即妙の発言としてよく披露されるエピソードである。職場でも機転の利く社員はしばしば組織の潤滑油になったり、危機を救ったりするもの。今風に言えば、<リアクション力に優れた社員>ということになる。

「ダイドー働く大人力向上委員会」が、社会人の“リアクション力”について調査したところ、トップ3は1位=徳島県、2位=大分県、3位=佐賀県の3県。古くから商業が盛んな県が上位に並んだ。
 ダイドーは現在、HP上で「リアクション検定」を実施しているが、その設問と回答が参考になりそうだ。

 例えば、職場で上司の機嫌が悪いケース(表参照)。この場合、部下としてどういう言葉をかけた方がいいのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る