日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トップは徳島県 機転の利く部下は「リアクション力」が違う

 自分の顔が猿に似ていると言われたことに悩む秀吉。「いいえ、猿の方が殿下を慕って顔を似せたのです」と言って笑わせたのは、秀吉の御伽衆の曽呂利新左衛門だ。部下の当意即妙の発言としてよく披露されるエピソードである。職場でも機転の利く社員はしばしば組織の潤滑油になったり、危機を救ったりするもの。今風に言えば、<リアクション力に優れた社員>ということになる。

「ダイドー働く大人力向上委員会」が、社会人の“リアクション力”について調査したところ、トップ3は1位=徳島県、2位=大分県、3位=佐賀県の3県。古くから商業が盛んな県が上位に並んだ。
 ダイドーは現在、HP上で「リアクション検定」を実施しているが、その設問と回答が参考になりそうだ。

 例えば、職場で上司の機嫌が悪いケース(表参照)。この場合、部下としてどういう言葉をかけた方がいいのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事