• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トップは徳島県 機転の利く部下は「リアクション力」が違う

 自分の顔が猿に似ていると言われたことに悩む秀吉。「いいえ、猿の方が殿下を慕って顔を似せたのです」と言って笑わせたのは、秀吉の御伽衆の曽呂利新左衛門だ。部下の当意即妙の発言としてよく披露されるエピソードである。職場でも機転の利く社員はしばしば組織の潤滑油になったり、危機を救ったりするもの。今風に言えば、<リアクション力に優れた社員>ということになる。

「ダイドー働く大人力向上委員会」が、社会人の“リアクション力”について調査したところ、トップ3は1位=徳島県、2位=大分県、3位=佐賀県の3県。古くから商業が盛んな県が上位に並んだ。
 ダイドーは現在、HP上で「リアクション検定」を実施しているが、その設問と回答が参考になりそうだ。

 例えば、職場で上司の機嫌が悪いケース(表参照)。この場合、部下としてどういう言葉をかけた方がいいのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る