昼から飲めるのも痛しかゆし<赤羽>

公開日:  更新日:

 散歩がてら昼から飲もうと、赤羽に友人と出かけたのが9月某日。立ち飲み屋、おでん屋と2軒はしご飲みし、満足して酒飲みの聖地を後にした。行列ができていて入れなかった超有名店にも行ってみようと、赤羽にまた降り立ったのが、今年最強の台風が関東を通過した昼すぎ。30度近くまで気温が上がり、さぞかしハイボールがうまかろう。

 が、まさかの定休日。思い起こせば、2013年1月に本欄のために来た時も定休日だった。

 しかし、さすが赤羽。飲む場所には困らない。赤羽駅東口には、平日の昼でも営業中の飲み屋がたくさん。赤ら顔のオジサンと何人もすれ違う。

「こんなの、ここ最近のことですよ」

 飲み助にはたまらん場所ですよね、と言おうと話しかけたアーケード街「シルクロード」の商店主がポツリと漏らした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る