• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

昼から飲めるのも痛しかゆし<赤羽>

 散歩がてら昼から飲もうと、赤羽に友人と出かけたのが9月某日。立ち飲み屋、おでん屋と2軒はしご飲みし、満足して酒飲みの聖地を後にした。行列ができていて入れなかった超有名店にも行ってみようと、赤羽にまた降り立ったのが、今年最強の台風が関東を通過した昼すぎ。30度近くまで気温が上がり、さぞかしハイボールがうまかろう。

 が、まさかの定休日。思い起こせば、2013年1月に本欄のために来た時も定休日だった。

 しかし、さすが赤羽。飲む場所には困らない。赤羽駅東口には、平日の昼でも営業中の飲み屋がたくさん。赤ら顔のオジサンと何人もすれ違う。

「こんなの、ここ最近のことですよ」

 飲み助にはたまらん場所ですよね、と言おうと話しかけたアーケード街「シルクロード」の商店主がポツリと漏らした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る