昼から飲めるのも痛しかゆし<赤羽>

公開日: 更新日:

 散歩がてら昼から飲もうと、赤羽に友人と出かけたのが9月某日。立ち飲み屋、おでん屋と2軒はしご飲みし、満足して酒飲みの聖地を後にした。行列ができていて入れなかった超有名店にも行ってみようと、赤羽にまた降り立ったのが、今年最強の台風が関東を通過した昼すぎ。30度近くまで気温が上がり、さぞかしハイボールがうまかろう。

 が、まさかの定休日。思い起こせば、2013年1月に本欄のために来た時も定休日だった。

 しかし、さすが赤羽。飲む場所には困らない。赤羽駅東口には、平日の昼でも営業中の飲み屋がたくさん。赤ら顔のオジサンと何人もすれ違う。

「こんなの、ここ最近のことですよ」

 飲み助にはたまらん場所ですよね、と言おうと話しかけたアーケード街「シルクロード」の商店主がポツリと漏らした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  6. 6

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る