国内で230種以上 「ブランドトマト」が急増しているワケ

公開日:  更新日:

「それは酸味がなくて甘味が強いタイプ。これは皮が厚いけどうま味が濃厚。一番フルーティーなのはこれね」
 どこぞのワインバーのソムリエではない。場所は下町、砂町銀座商店街の一角にある「花十〇十(はなとまと)」というトマト専門店の店主、関川里美さんだ。

 軒先には赤や黄、大きいの、小さいの、さまざまなトマトが並ぶ。7~8種類はあろうか。しかし関川さんは、「これでも少ない方なんです。最盛期は冬から春にかけて。多い時は30種類近く店頭に並びます」。

 30種類! トマトってそんなに種類があったのか。でも味に差はあるの?

「ありますよ! これは“サクラファーム”って言うんですけど、糖度は何とメロン並みの15度! この“あのとまと”は濃厚なうま味でトマトケチャップを食べているみたい。どうぞ、ひとつ食べてみてください」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る