国内で230種以上 「ブランドトマト」が急増しているワケ

公開日:  更新日:

「それは酸味がなくて甘味が強いタイプ。これは皮が厚いけどうま味が濃厚。一番フルーティーなのはこれね」
 どこぞのワインバーのソムリエではない。場所は下町、砂町銀座商店街の一角にある「花十〇十(はなとまと)」というトマト専門店の店主、関川里美さんだ。

 軒先には赤や黄、大きいの、小さいの、さまざまなトマトが並ぶ。7~8種類はあろうか。しかし関川さんは、「これでも少ない方なんです。最盛期は冬から春にかけて。多い時は30種類近く店頭に並びます」。

 30種類! トマトってそんなに種類があったのか。でも味に差はあるの?

「ありますよ! これは“サクラファーム”って言うんですけど、糖度は何とメロン並みの15度! この“あのとまと”は濃厚なうま味でトマトケチャップを食べているみたい。どうぞ、ひとつ食べてみてください」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る