国内で230種以上 「ブランドトマト」が急増しているワケ

公開日: 更新日:

「それは酸味がなくて甘味が強いタイプ。これは皮が厚いけどうま味が濃厚。一番フルーティーなのはこれね」
 どこぞのワインバーのソムリエではない。場所は下町、砂町銀座商店街の一角にある「花十〇十(はなとまと)」というトマト専門店の店主、関川里美さんだ。

 軒先には赤や黄、大きいの、小さいの、さまざまなトマトが並ぶ。7~8種類はあろうか。しかし関川さんは、「これでも少ない方なんです。最盛期は冬から春にかけて。多い時は30種類近く店頭に並びます」。

 30種類! トマトってそんなに種類があったのか。でも味に差はあるの?

「ありますよ! これは“サクラファーム”って言うんですけど、糖度は何とメロン並みの15度! この“あのとまと”は濃厚なうま味でトマトケチャップを食べているみたい。どうぞ、ひとつ食べてみてください」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る