• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

葉物野菜が高くても…食卓で役立つ「代替食材」栄養講座

 9月からの生活用品値上げラッシュの一方で、野菜などの高値がなかなか収まらない。農林水産省の発表(「野菜の生育状況と価格の見通し」)によると、キャベツ、ホウレンソウ、レタスなどを中心にナスやピーマンなどの野菜価格は9月前半も上昇傾向にあるとしている。

 夏野菜は終わりの季節とはいえ、先月下旬にはキュウリが7月の2倍を超える時もあった。家計直撃はいわずもがな。食卓に並ぶ野菜が減り、モヤシばかりが増えた家庭もあった。

 産地での長雨による生育の遅れや台風による出荷の遅れなどが主な原因だが、先月中旬から続く野菜の高値でサラリーマンの野菜不足は深刻だ。“高い野菜”の代わりに食べて、似たような栄養素が取れる野菜はないのだろうか?

■ホウレンソウの代わりは小松菜やチンゲン菜

 管理栄養士で料理研究家の検見﨑聡美氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る