警官がカメラ付き鞄で動画撮影 卑劣「盗撮手口」あの手この手

公開日: 更新日:

 警察官が盗撮の常習犯――。兵庫県でこんな事件が起きて注目を集めている。県迷惑防止条例で書類送検されたのは兵庫県警豊岡南署地域課に勤める34歳の巡査部長。昨年8月、兵庫県朝来市のコンビニで20代女性のスカート内をセカンドバッグに仕込んだビデオカメラで動画撮影した疑いだ。

「県警は別件でネット販売されている盗撮用具を調べ、購入者を洗っていたのです。そのリストに妻子ある巡査部長の名もあった。事情を聴くと盗撮したと認めた。巡査部長は盗撮機能付きの腕時計など12点を購入。本件で使ったセカンドバッグも超小型カメラ付きの商品でした。これまで150~200回撮ったと自供しています」(捜査事情通)

■防犯用のはずが…

 盗撮の世界は日進月歩。カメラ付きの日用品が手軽に買える世の中だ。ほかにどんな手口があるのか。風俗ライターの蛯名泰造氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  3. 3

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  4. 4

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  7. 7

    オリが獲得“282本男”ジョーンズにユーキリスの二の舞懸念

  8. 8

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  9. 9

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る