センバツに衝撃 文武両道“偏差値70”松山東のユニーク教育

公開日: 更新日:

 センバツ大会で“夏目漱石対決”と注目された対二松学舎大付戦を5-4で制した松山東。センバツ出場は1933年以来、82年ぶり。母校愛にも火を付け、OBが沸きに沸いている。

 野球部OBで元大阪高検公安部長の三井環氏(70)は同校出身の元愛媛県警の仙波敏郎氏(66)らと、25日の試合をアルプスで熱狂観戦した。

「僕らのころは、部員が15人しかいない弱小チームで県大会は1回戦敗退が当たり前でした。まさか、生きてる間に甲子園で観戦する日が来るとは思わなかった。思わず涙が出ました。もちろん、2回戦も観戦します」

 藩校「明教館」の流れをくむ東校は、創立127年。漱石が教壇に立っただけでなく、OBには正岡子規や「坂の上の雲」の秋山好古・真之兄弟、大江健三郎、伊丹十三ら著名人がズラリ。ドラマや映画化された小説「がんばっていきまっしょい」のモデル校としても知られる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  6. 6

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  7. 7

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  8. 8

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  9. 9

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る