東京都にもウヨウヨいる 地元で話題の異色「ご当地キャラ」

公開日:  更新日:

「ゆるキャラ」や「ご当地ヒーロー」のブームで、全国で大量発生中の「ご当地キャラ」。地方には全国規模で有名なキャラがうじゃうじゃいるが、実は東京都内にも、地元で話題を集める名物キャラがいる。意外と知られていない都内の名物キャラを集めてみた。

 ネット投票でキャラをランク付けする「ゆるキャラグランプリ2014」には、企業キャラクターを除くご当地キャラだけで1000以上がエントリー。その中で100位以内に入る都内のキャラはほとんどないが、ランキングと無関係に地元やネットで話題を集めているのが、いくつもある。

 たとえば葛飾区非公認のご当地ヒーロー「仮面の守護者ゼロング」。1~3号のヒーローに悪役を合わせるとキャラの総数はなんと20人。アクターの中にはアマチュアプロレスラーが6人おり、区内で行うヒーローショーではプロレス技も繰り出して、大人から子供まで大盛り上がりだ。悪の軍団デスバルの大幹部「マッチョ大佐」も、ゼロング以上の大人気者。半裸に赤リボン付き網タイツといういでたちの筋肉ムキムキ男で、ネット上では“ハードゲイか!?”とのツッコミもあるが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る