ニセふなっしー騒動 人気キャラを模した着ぐるみは違法?

公開日:  更新日:

 千葉県船橋市の非公認キャラクター、ふなっしーのニセ物騒動が話題だ。騒ぎが起きたのは今月1日、兵庫県高砂市の「ご当地博」。日程が合わず、出演が見送られていたはずの「ふなっしー」が会場に現れ、ステージ上のアイドルが気づいて「ふなっしーだ」と指さしたところ、逃げたというもの。警戒中だった高砂署員が追跡。事情を聴く事態となった。

「着ぐるみに入っていたのは加古川市に住む20代の男性。“自分の子どもを喜ばせるために着ていた”と説明したというから、軽い気持ちだったのでしょうが、『警察に取り押さえられた』と犯罪並みに報じるメディアもあった。高砂署は著作権法に抵触する恐れもあるとみているようです」(地元関係者)

 人気キャラを模した着ぐるみを着ただけでは法律に触れるはずがないと思ってしまうが、そう簡単ではないようだ。著作権法に詳しい弁護士の北村行夫氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る