“坊ちゃん大”偏差値大暴落 安倍首相、麻生財務相の母校も

公開日: 更新日:

 多くの日本人にとって、「いい大学」と「入りにくい大学」はイコールだ。入試難易度が高ければ高いほど値打ちがあり、難しい大学を卒業するだけで、就職活動を有利に展開できた。どんな教育を受けて何を学んだのかよりも、大学のブランドがモノをいったのだ。

 そのブランドが揺らいでいる。難易度のモノサシとなる偏差値が、多くの大学で暴落しているのだ。はるか昔に寝る間も惜しんで受験勉強したサラリーマンにとって、これは衝撃的な出来事である。

 学力自体も、かつてより落ちているという。

「昨年までのゆとり世代は学習量が少なく、歯を食いしばって勉強をした経験がありません。そのため、レベルは相当低い。それで大学も広き門になっているのですから目も当てられませんよ」(塾講師)

 20年以上前の大学時代に、予備校で受験生の相談に乗るチューターのアルバイトをしていた男性がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  4. 4

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  5. 5

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  6. 6

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  7. 7

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  8. 8

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  9. 9

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  10. 10

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る