“坊ちゃん大”偏差値大暴落 安倍首相、麻生財務相の母校も

公開日: 更新日:

 多くの日本人にとって、「いい大学」と「入りにくい大学」はイコールだ。入試難易度が高ければ高いほど値打ちがあり、難しい大学を卒業するだけで、就職活動を有利に展開できた。どんな教育を受けて何を学んだのかよりも、大学のブランドがモノをいったのだ。

 そのブランドが揺らいでいる。難易度のモノサシとなる偏差値が、多くの大学で暴落しているのだ。はるか昔に寝る間も惜しんで受験勉強したサラリーマンにとって、これは衝撃的な出来事である。

 学力自体も、かつてより落ちているという。

「昨年までのゆとり世代は学習量が少なく、歯を食いしばって勉強をした経験がありません。そのため、レベルは相当低い。それで大学も広き門になっているのですから目も当てられませんよ」(塾講師)

 20年以上前の大学時代に、予備校で受験生の相談に乗るチューターのアルバイトをしていた男性がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  8. 8

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  9. 9

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る