日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“坊ちゃん大”偏差値大暴落 安倍首相、麻生財務相の母校も

 多くの日本人にとって、「いい大学」と「入りにくい大学」はイコールだ。入試難易度が高ければ高いほど値打ちがあり、難しい大学を卒業するだけで、就職活動を有利に展開できた。どんな教育を受けて何を学んだのかよりも、大学のブランドがモノをいったのだ。

 そのブランドが揺らいでいる。難易度のモノサシとなる偏差値が、多くの大学で暴落しているのだ。はるか昔に寝る間も惜しんで受験勉強したサラリーマンにとって、これは衝撃的な出来事である。

 学力自体も、かつてより落ちているという。

「昨年までのゆとり世代は学習量が少なく、歯を食いしばって勉強をした経験がありません。そのため、レベルは相当低い。それで大学も広き門になっているのですから目も当てられませんよ」(塾講師)

 20年以上前の大学時代に、予備校で受験生の相談に乗るチューターのアルバイトをしていた男性がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事