“会社の不正”上司に相談はNG まっすぐ「監督官庁」に飛び込め

公開日: 更新日:

 東芝の倒産を救った土光敏夫さんが社長の座を譲ったのは72年。それから40年以上が経ち、土光イズムを知る者はいなくなったようだ。東芝社員のように上司から法に抵触するような命令を受けたら、どう動くべきなのか。

 東芝の不適切会計に限らず、リコール隠しや医療ミスなど、どんな企業にも“暗部”は存在する。サラリーマンであればそんなことは百も承知だが、上司の命令に逆らえず、違法に加担して人生を狂わせた人もいる。

 最近は、公益通報者保護法で通報窓口を社内に置く企業も増えているが、もちろん、内部の人にノコノコ相談するのは考えもの。上司だって信用はできない。

「心から信頼できる人物であれば別ですが、上司に相談するのは一番やってはいけない行動です。上司といえども組織の人間。50歳も過ぎれば、出向先の会社の大小も気になってきますし、つつがなく……という気持ちも芽生えてくる。社内でぎりぎり相談していい相手といえば、同期入社などの一部の人です。それも多人数がいい。数少ない成功例ですが、第一勧銀で経営陣に退任を迫った若手『4人組』の例もあります」(小松田勝・マネジメント&ネットワークオフィス代表)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  11. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る