• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サラリーマンが抱える会社の悩み 「5つのパターン」解決法

“会社の悩み”は、尽きない。それがブラックな内容だと、なかなかひとりでは解決できないから厄介だ。厚労省の無料相談窓口「労働条件相談ほっとライン」には、昨年9月の開設から4カ月で6101件の相談が寄せられたという。では、サラリーマンが抱える“会社の悩み”はどうやって解決するか。ブラック企業アナリスト・新田龍氏に典型的なケースを聞いた。

(1)パワハラの苦情を申し立てたら、「業務指導」と言い返された

 上司に「バカだ」「おまえの代わりはいくらでもいる」などと叱責されることはある。そんなパワハラ上司の言い訳が「業務指導」だが、それを崩すことはできる。

「パワハラかどうかは、言われた社員の受け止め方によって違うため、一概には言えませんが、精神的・肉体的な苦痛を証明する証拠があるかどうかがカギになります。うつ病などの診断書がベスト。もうひとつは、上司の言動をICレコーダーやメモで記録しておくこと。メモは、パワハラの内容と日時を正確に。内容は、パワハラを見て笑った社員や見て見ぬふりをした社員なども含めて書きます。それをエクセルなどのファイルに時系列でまとめておくと、裁判で証拠として認められやすい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る