サラリーマンが抱える会社の悩み 「5つのパターン」解決法

公開日: 更新日:

“会社の悩み”は、尽きない。それがブラックな内容だと、なかなかひとりでは解決できないから厄介だ。厚労省の無料相談窓口「労働条件相談ほっとライン」には、昨年9月の開設から4カ月で6101件の相談が寄せられたという。では、サラリーマンが抱える“会社の悩み”はどうやって解決するか。ブラック企業アナリスト・新田龍氏に典型的なケースを聞いた。

(1)パワハラの苦情を申し立てたら、「業務指導」と言い返された

 上司に「バカだ」「おまえの代わりはいくらでもいる」などと叱責されることはある。そんなパワハラ上司の言い訳が「業務指導」だが、それを崩すことはできる。

「パワハラかどうかは、言われた社員の受け止め方によって違うため、一概には言えませんが、精神的・肉体的な苦痛を証明する証拠があるかどうかがカギになります。うつ病などの診断書がベスト。もうひとつは、上司の言動をICレコーダーやメモで記録しておくこと。メモは、パワハラの内容と日時を正確に。内容は、パワハラを見て笑った社員や見て見ぬふりをした社員なども含めて書きます。それをエクセルなどのファイルに時系列でまとめておくと、裁判で証拠として認められやすい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  6. 6

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  10. 10

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る