日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サラリーマンが抱える会社の悩み 「5つのパターン」解決法

“会社の悩み”は、尽きない。それがブラックな内容だと、なかなかひとりでは解決できないから厄介だ。厚労省の無料相談窓口「労働条件相談ほっとライン」には、昨年9月の開設から4カ月で6101件の相談が寄せられたという。では、サラリーマンが抱える“会社の悩み”はどうやって解決するか。ブラック企業アナリスト・新田龍氏に典型的なケースを聞いた。

(1)パワハラの苦情を申し立てたら、「業務指導」と言い返された

 上司に「バカだ」「おまえの代わりはいくらでもいる」などと叱責されることはある。そんなパワハラ上司の言い訳が「業務指導」だが、それを崩すことはできる。

「パワハラかどうかは、言われた社員の受け止め方によって違うため、一概には言えませんが、精神的・肉体的な苦痛を証明する証拠があるかどうかがカギになります。うつ病などの診断書がベスト。もうひとつは、上司の言動をICレコーダーやメモで記録しておくこと。メモは、パワハラの内容と日時を正確に。内容は、パワハラを見て笑った社員や見て見ぬふりをした社員なども含めて書きます。それをエクセルなどのファイルに時系列でまとめておくと、裁判で証拠として認められやすい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事