様変わりするコンビニ 「シニア向け商品」続々投入で競争激化

公開日:  更新日:

 いまやコンビニは“若者が使う店”ではなくなった。セブン─イレブンの来客年齢層は、50歳以上が1989年の9%から2013年には30%に増加。10~20代を上回った。コンビニは「品質管理がしっかりしている」「商品鮮度が良い/新しい」というイメージがシニア世代に定着しているから、だそうだ。

 コンビニ側もメーンターゲットはシニア世代。今年4月には、ローソンは介護事業者「ウイズネット」と提携し、埼玉県川口市に「介護(ケア)ローソン」1号店をオープン。シニア向けに栄養機能食品や食べやすいレトルト食品などを充実させている。

■シニアの健康を考えた商品が充実

 たとえば本紙イチ押しは、来週コンビニ各店他で発売される、なだ万と日清食品が共同開発したカップ麺「なだ万監修 和だしの麺 しじみだし醤油」(税別180円)。加齢に伴って「塩味や油味」から「うま味」へと味の嗜好も変化した中高年を意識している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る