• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シニアが8割の「欧州クルーズ旅行」は“楽・安・旨”が魅力

「ヨーロッパの船旅を楽しむ日本人は年々増えています」

 船旅を専門に扱う「クルーズプラネット」の広報担当者と、船旅商品の多い「阪急交通社」クルーズ担当・清水雅人さんが口をそろえる。

「チュニジアの博物館銃撃事件など不安要素がありましたが、昨年比だと123%、2年前と比較すると2倍に増えています。ギリシャの小さな島々、白い建物、青い海、青い空、この世界有数の絶景はクルーズ船からの眺めが一番美しいですね」(阪急交通社・清水さん)

 人気は右肩上がりだ。客層は8割が60歳を過ぎたシニア世代。夫婦参加がトップで、女友達、姉妹での参加も多い。ギリシャは、ヨーロッパクルーズで必須のスポットだ。

「弊社もイタリアのベネチアからエーゲ海の島々を巡る7日間クルーズに、前後イタリアまでの空路を含んだ10日間程度のコースが人気です」(クルーズプラネット広報)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る