シニアが8割の「欧州クルーズ旅行」は“楽・安・旨”が魅力

公開日: 更新日:

「ヨーロッパの船旅を楽しむ日本人は年々増えています」

 船旅を専門に扱う「クルーズプラネット」の広報担当者と、船旅商品の多い「阪急交通社」クルーズ担当・清水雅人さんが口をそろえる。

「チュニジアの博物館銃撃事件など不安要素がありましたが、昨年比だと123%、2年前と比較すると2倍に増えています。ギリシャの小さな島々、白い建物、青い海、青い空、この世界有数の絶景はクルーズ船からの眺めが一番美しいですね」(阪急交通社・清水さん)

 人気は右肩上がりだ。客層は8割が60歳を過ぎたシニア世代。夫婦参加がトップで、女友達、姉妹での参加も多い。ギリシャは、ヨーロッパクルーズで必須のスポットだ。

「弊社もイタリアのベネチアからエーゲ海の島々を巡る7日間クルーズに、前後イタリアまでの空路を含んだ10日間程度のコースが人気です」(クルーズプラネット広報)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  6. 6

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  7. 7

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  8. 8

    照ノ富士Vの裏で…白鵬と鶴竜の休場癖に武蔵川親方も苦言

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    小池女帝の見切り発車「午後10時閉店」に都庁さえも大混乱

もっと見る