シニア派遣パイオニアが明かす「やってはいけない6タブー」

公開日: 更新日:

「65歳を過ぎても働きたい」「62歳でいったん辞めちゃったけど、もう一度働きたい」――高齢者雇用安定法の改正で、サラリー族は65歳までは働けることになったが、元気なうちは働きたいと考える人は多い。しかし、実情が厳しいのは言うまでもない。入社後に辞めさせられる人もいる。シニア人材派遣のパイオニア、その名も「高齢社」の幸山明雄社長に“シニア新人のタブー”を聞いた。

 同社は2000年1月、東京ガスOBだった上田研二氏(現最高顧問)が創業した。

 当初の派遣先は東京ガスやその関連会社が多かったが、今では飲食店調理補助、運転代行、寝具清掃など業種を広げている。現在の登録者(60歳から75歳まで)686人のうち、昨年は320人を派遣、斡旋した実績を持つ。

【1】現役時代の後輩・知り合いを「君」「ちゃん」付けで呼ぶ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  9. 9

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る