シニア派遣パイオニアが明かす「やってはいけない6タブー」

公開日: 更新日:

「65歳を過ぎても働きたい」「62歳でいったん辞めちゃったけど、もう一度働きたい」――高齢者雇用安定法の改正で、サラリー族は65歳までは働けることになったが、元気なうちは働きたいと考える人は多い。しかし、実情が厳しいのは言うまでもない。入社後に辞めさせられる人もいる。シニア人材派遣のパイオニア、その名も「高齢社」の幸山明雄社長に“シニア新人のタブー”を聞いた。

 同社は2000年1月、東京ガスOBだった上田研二氏(現最高顧問)が創業した。

 当初の派遣先は東京ガスやその関連会社が多かったが、今では飲食店調理補助、運転代行、寝具清掃など業種を広げている。現在の登録者(60歳から75歳まで)686人のうち、昨年は320人を派遣、斡旋した実績を持つ。

【1】現役時代の後輩・知り合いを「君」「ちゃん」付けで呼ぶ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  3. 3

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

  7. 7

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  8. 8

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  9. 9

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  10. 10

    コロナ禍で一部助っ人のみが来日できる裏側…球団なぜ差が

もっと見る