• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

専門家アドバイス 「住まいのタイプ」で災害への備えは変わる

 大正12年に関東大震災が発生した9月1日は「防災の日」。万が一のための防災グッズのチェックはしっかりでも、マイホームやマンションの耐震性は意外に見落としがちだ。市民防災アドバイザーとして活躍し、地域防災の強化に取り組む日本防災士会常務理事・橋本茂氏(65)に、災害時にどんなタイプの住まいにどんな危険が潜むのかを解説してもらった。

■「新耐震基準」の意外な注意点

 建築物全般についていえば、まずは建てられた時期ですね。1950年に施行された建築基準法に基づく耐震基準は、71年に見直しが行われ、さらに78年の宮城県沖地震を教訓として81年6月1日に「新耐震基準」が施行されました。この新耐震基準に基づいて建てられた建物は一般に、耐震性があるものと期待されます。注意すべき点は、建物完成の時期ではなく、建築確認が81年6月以降であることです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る