専門家アドバイス 「住まいのタイプ」で災害への備えは変わる

公開日:  更新日:

 大正12年に関東大震災が発生した9月1日は「防災の日」。万が一のための防災グッズのチェックはしっかりでも、マイホームやマンションの耐震性は意外に見落としがちだ。市民防災アドバイザーとして活躍し、地域防災の強化に取り組む日本防災士会常務理事・橋本茂氏(65)に、災害時にどんなタイプの住まいにどんな危険が潜むのかを解説してもらった。

■「新耐震基準」の意外な注意点

 建築物全般についていえば、まずは建てられた時期ですね。1950年に施行された建築基準法に基づく耐震基準は、71年に見直しが行われ、さらに78年の宮城県沖地震を教訓として81年6月1日に「新耐震基準」が施行されました。この新耐震基準に基づいて建てられた建物は一般に、耐震性があるものと期待されます。注意すべき点は、建物完成の時期ではなく、建築確認が81年6月以降であることです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る