専門家アドバイス 「住まいのタイプ」で災害への備えは変わる

公開日: 更新日:

 大正12年に関東大震災が発生した9月1日は「防災の日」。万が一のための防災グッズのチェックはしっかりでも、マイホームやマンションの耐震性は意外に見落としがちだ。市民防災アドバイザーとして活躍し、地域防災の強化に取り組む日本防災士会常務理事・橋本茂氏(65)に、災害時にどんなタイプの住まいにどんな危険が潜むのかを解説してもらった。

■「新耐震基準」の意外な注意点

 建築物全般についていえば、まずは建てられた時期ですね。1950年に施行された建築基準法に基づく耐震基準は、71年に見直しが行われ、さらに78年の宮城県沖地震を教訓として81年6月1日に「新耐震基準」が施行されました。この新耐震基準に基づいて建てられた建物は一般に、耐震性があるものと期待されます。注意すべき点は、建物完成の時期ではなく、建築確認が81年6月以降であることです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  6. 6

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  7. 7

    【神奈川】松沢成文は賞味期限切れ?街頭演説に人集まらず

  8. 8

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  9. 9

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る