日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大分南部で震度5…「南海トラフ地震」との関連を専門家指摘

 今年になって中部―九州地方が揺れ続けている。

 13日午前3時ごろ、大分県南部を震源とする地震が発生。震源の深さは約60キロ、マグニチュードは5.7と推定される。佐伯市で震度5強、豊後大野市、愛媛県西予市で震度5弱を観測し、九州から中部地方にかけて広く揺れた。気象庁は「陸側のプレートに沈み込む、海側のフィリピン海プレート内部で地震が発生したとみられる」と話した。南海トラフの巨大地震との関係は「分からない」というから心配だ。大分県南部の地震は珍しく、周辺では約2年8カ月前に震度1があったきりだ。

 だが、大分に限らず、この2~3年、関西―九州地方で大型地震が頻発している。13年4月の淡路島で直下型地震(震度6弱)、昨年3月の伊予灘地震(震度5強)や今年2月の徳島(震度5強)などだ。いずれも南海トラフの巨大地震との関連が指摘される場所である。今回の地震はなぜ起きたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事