「地下街」は地上より安全 地震が発生したら落ちついて逃げる

公開日: 更新日:

 東京や大阪など、都市部には広大な地下街が広がる。地下は生活の一部になっているだけに、地下で大地震の直撃を受ける恐れは十分だ。では、どうやって脱出するか。災害危機管理アドバイザー・和田隆昌氏が言う。

「停電やショップのガラス破損などはあるとしても、一般に地下のフロアそのものが倒壊するリスクは、地上よりも少ない。地震発生直後は、多くの人が慌てて地下街から脱出しようとするでしょうが、むしろパニック状態をやり過ごしてから脱出した方が安全です」

 阪神・淡路大震災で、地上の建物は被害が大きく、特に1階に駐車場などの空洞があるビルは多くが倒壊したが、地下鉄は被害が少なかった。3・11でも同様で、耐震化が進んだ東京メトロなどは、軽微なヒビ割れ程度にとどまり、電車もその日のうちに復旧した。

 地下街に密接する左右の地面が横方向の揺れを抑えるため、地下の揺れは、地上の3分の1で済む。だから、一般に地下の方が地上より被害が少ないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  4. 4

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  5. 5

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  6. 6

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  7. 7

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  8. 8

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  9. 9

    嵐が会見で語らなかった密着ドキュメンタリーの世界戦略

  10. 10

    GM会議でも評価低く…西武・秋山に囁かれる年齢以外の問題

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る