• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

史跡を頼りに築地の 「外国人居留地」があった場所へ

 築地といえば魚市場が有名だが、「今回はスルー。東京メトロの築地駅を降りたら、新大橋通りを築地市場とは反対の明石町方面に向かいます」(いからし氏)。

 聖路加病院を中心としたわずか6区画ほどの場所こそ目的の地。そこは明治時代、「外国人居留地」と呼ばれていた。

「外国人居留地とは、明治元年に政府が設けた外国人向けの居住地域のこと。洋館が立ち並び、異国情緒にあふれていたといいます。関東大震災で町並みは消えてしまいましたが、あちこちに残る史跡を頼りに、想像して楽しみます」

 例えば聖路加国際大学の敷地には、「女子学院」と「立教学院(現立教大学)」の発祥の記念碑がある。他にも「青山学院大学」「明治学院大学」「雙葉学園」などのミッションスクールが、築地を発祥の地としている。「宣教師が布教のために開いた私塾がそれらの前身」で、日本で最初のクリスマス会も築地で開かれている。


「芥川龍之介の生家も築地にありました。父親が居留地の隣で乳牛の牧舎を営んでいたんです。搾った牛乳の味はどんなだったでしょう。ただし龍之介は生まれてすぐ、母方の実家に養子に出されたので、その味は覚えていなかったでしょうけどね」

 その他、築地には「フランスパン」「洋靴」「洋品店」「ホテル」「サッカー」の発祥の地がある。明治時代の築地は文明開化の最前線基地だったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る