いまや一年中食べられる「鰹」 なぜ旬がなくなった?

公開日: 更新日:

 春先に旬の魚として食べる鰹がもうスーパーの棚に並んでいる。そういえば、冬場もたたきにした鰹を見かけることもあるが……。「目に青葉 山ほととぎす 初がつお」と俳句で詠まれた鰹だが、季節感がなくなり、一年中、いつでも食べられるようになったのだ。なぜ旬がなくなったのか。

 鰹は黒潮に乗って春先に北上し、秋に南下する回遊魚。日本では昔から、春のまだ脂が少ないものを初鰹、秋の脂が乗ったものを戻り鰹として食してきた。生態系はもちろん変わっていない。では、いつでも食べられるのはなぜか。“鰹の本場”でもある静岡市にある国際水産資源研究所に聞いた。

「鰹はアシの早い腐りやすい魚で、近海ものは鰹が北上するのに合わせて漁獲して生で食べてきました。ですから、冬場に食べている鰹は近海ものではなく、遠洋の巻き網船で取れて、マイナス20度からマイナス30度で冷凍されたものだと思われます。巻き網船が取った鰹は、本来は鰹節にするためのものですが、品質がいいものが解凍されて、スーパーなどに並んでいるのでしょう。巻き網船が鰹を取るのは赤道直下のプラスマイナス10度くらい(緯度)。パプアニューギニア、ミクロネシアあたりです」(かつお・まぐろ資源部かつおグループの担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  7. 7

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  8. 8

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  9. 9

    福山雅治が9年ぶり「ガリレオ」シリーズに意気込む カリスマ復活なるか?

  10. 10

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

もっと見る