高価格ほどよく効くの? 「栄養ドリンク」3社に聞いた

公開日:  更新日:

 師走にお世話になることが多い「栄養ドリンク」。値段は数百円から数千円までピンからキリだ。やはり高いほうがよく効くのか?

「ユンケル」シリーズを発売する佐藤製薬の広報担当・下地愛美さんは、「同じシリーズでも、希少価値の高い生薬や配合成分の量などによって価格が異なります。価格が高くなると、効果を実感しやすくなることもあるかと思いますが、一番高いものが一番効くとは限りません。ご自身の疲れに合った生薬や成分が配合されているものをおすすめします」と言う。

「ゼナ」シリーズの大正製薬の小山貴之さんと「アリナミン」シリーズの武田薬品工業の中村菜名子さんも同様の回答。

 じゃあ、おすすめの成分は? “肉体疲労”と“風邪をひいたとき”で聞いてみた。

「肉体疲労には、ニンジン、オウギ、トウキなど。熱のある風邪にはエレウテロコックやゴオウなどの生薬」(佐藤製薬・下地さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る