専門家に聞いた 「ニット」と「セーター」の違いとは?

公開日:  更新日:

「ニット」と聞けば「セーター」を思い浮かべる人は多いだろうが、「ニットとは“編み物”全般のこと。セーターはそのニットの一種で、19世紀末にアメリカで使われ始めた言葉です」というのは、服飾史研究家の辻元よしふみ氏だ。

 衣服の素材は大きく「ニット(編み物)」と「クロス(織物)」に分かれる。ニットは1本の糸で輪を作りながら編んでいくので伸び縮みするのが特徴。セーターだけでなくマフラーやポロシャツ、ジャージー、Tシャツも製法上はニットだ。

 一方、クロスはタテ糸とヨコ糸を交差させて作るため、伸縮性はないが、シャツやズボンなど立体的な衣服に向く。

 ニットの起源は紀元前1世紀ごろ。19世紀中ごろまでは、英国の産地名から「ジャージー」(ジャージー島特産)や「ガーンジー」(ガーンジー島特産)と呼ばれていた。それがセーターと呼ばれるようになったのは、「アメリカの大学のフットボール選手が、汗(Sweat)をかくための運動着としてニット衣料を採用。これを“セーター”(Sweater)と呼ぶようになったのが始まり」(辻元氏)という。その後しばらくは防寒ニットを「ジャージー」、運動用ニットを「セーター」としていたが、いつの間にか防寒用ニットが「セーター」、運動用が「スエットシャツ」と呼ばれるように。セーターという言葉だけが、意味を外れて残ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る