• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

専門家に聞いた 「ニット」と「セーター」の違いとは?

「ニット」と聞けば「セーター」を思い浮かべる人は多いだろうが、「ニットとは“編み物”全般のこと。セーターはそのニットの一種で、19世紀末にアメリカで使われ始めた言葉です」というのは、服飾史研究家の辻元よしふみ氏だ。

 衣服の素材は大きく「ニット(編み物)」と「クロス(織物)」に分かれる。ニットは1本の糸で輪を作りながら編んでいくので伸び縮みするのが特徴。セーターだけでなくマフラーやポロシャツ、ジャージー、Tシャツも製法上はニットだ。

 一方、クロスはタテ糸とヨコ糸を交差させて作るため、伸縮性はないが、シャツやズボンなど立体的な衣服に向く。

 ニットの起源は紀元前1世紀ごろ。19世紀中ごろまでは、英国の産地名から「ジャージー」(ジャージー島特産)や「ガーンジー」(ガーンジー島特産)と呼ばれていた。それがセーターと呼ばれるようになったのは、「アメリカの大学のフットボール選手が、汗(Sweat)をかくための運動着としてニット衣料を採用。これを“セーター”(Sweater)と呼ぶようになったのが始まり」(辻元氏)という。その後しばらくは防寒ニットを「ジャージー」、運動用ニットを「セーター」としていたが、いつの間にか防寒用ニットが「セーター」、運動用が「スエットシャツ」と呼ばれるように。セーターという言葉だけが、意味を外れて残ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る