専門家に聞いた 「ニット」と「セーター」の違いとは?

公開日: 更新日:

「ニット」と聞けば「セーター」を思い浮かべる人は多いだろうが、「ニットとは“編み物”全般のこと。セーターはそのニットの一種で、19世紀末にアメリカで使われ始めた言葉です」というのは、服飾史研究家の辻元よしふみ氏だ。

 衣服の素材は大きく「ニット(編み物)」と「クロス(織物)」に分かれる。ニットは1本の糸で輪を作りながら編んでいくので伸び縮みするのが特徴。セーターだけでなくマフラーやポロシャツ、ジャージー、Tシャツも製法上はニットだ。

 一方、クロスはタテ糸とヨコ糸を交差させて作るため、伸縮性はないが、シャツやズボンなど立体的な衣服に向く。

 ニットの起源は紀元前1世紀ごろ。19世紀中ごろまでは、英国の産地名から「ジャージー」(ジャージー島特産)や「ガーンジー」(ガーンジー島特産)と呼ばれていた。それがセーターと呼ばれるようになったのは、「アメリカの大学のフットボール選手が、汗(Sweat)をかくための運動着としてニット衣料を採用。これを“セーター”(Sweater)と呼ぶようになったのが始まり」(辻元氏)という。その後しばらくは防寒ニットを「ジャージー」、運動用ニットを「セーター」としていたが、いつの間にか防寒用ニットが「セーター」、運動用が「スエットシャツ」と呼ばれるように。セーターという言葉だけが、意味を外れて残ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

もっと見る