• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

運転中の突然死…高齢者より「働き盛り男性」がなぜ最多?

「お初と徳兵衛のたたりちゃうか」――大阪の中心地・梅田で相次いだ車の暴走事故を受け、地元では曽根崎心中になぞらえた見立てが浮上しているとか。わずか3日で信じがたい事故が立て続けに起これば、そうも思いたくなるだろう。

 2件目の信号無視はドアホだが、1件目は大動脈解離という病気が原因。実は、運転中の急病死には明確な特徴がある。マイカーで接待ゴルフに出掛けたり、営業車を運転する機会が多いサラリーマンはアタマに入れておくべきだ。

 大動脈解離を起こした男性は51歳で、黒のプリウスを運転していた午後0時半ごろ発症。その5分後に猛スピードで人を1・5メートルほどの高さにはね上げながら歩道に乗り上げ停車した。

 元ラガーマンの男性は1月に10キロマラソンを完走。大惨事に直結するような大病とは無縁に思われるが、これまでの事故データは男性の特徴と重なるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る