軽井沢バス転落事故 人権派弁護士が挑む「訴訟の行方」

公開日: 更新日:

 大学生ら15人が亡くなった長野県軽井沢町のバス転落事故。遺族の代理人を務める弁護団が発足したが、その手腕に大きな期待がかけられている。団長を務めるのはNPO法人「犯罪被害者支援弁護士フォーラム」代表代行の酒井宏幸弁護士。これまで数々の犯罪被害者を支援してきた人権派弁護士だ。

 今後、バス運行会社「イーエスピー」(東京・羽村市)やツアー会社「キースツアー」(東京・渋谷区)などと遺族らの訴訟問題はどうなるのか。酒井弁護士に聞いた。

「当面は、ご遺族の方たちの『被害者の会』設立支援を行っていきます。ご遺族は、自らの親類がどのような状況で亡くなってしまったのか、事故の根本的な原因を知りたがっています。我々が知り得る捜査状況などを知らせていくつもりです。今後、バス運行会社や旅行代理店を刑事告訴することを視野に入れていますし、国交省や関係機関へ要望書を提出することも検討しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る