• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

軽井沢バス転落事故 人権派弁護士が挑む「訴訟の行方」

 大学生ら15人が亡くなった長野県軽井沢町のバス転落事故。遺族の代理人を務める弁護団が発足したが、その手腕に大きな期待がかけられている。団長を務めるのはNPO法人「犯罪被害者支援弁護士フォーラム」代表代行の酒井宏幸弁護士。これまで数々の犯罪被害者を支援してきた人権派弁護士だ。

 今後、バス運行会社「イーエスピー」(東京・羽村市)やツアー会社「キースツアー」(東京・渋谷区)などと遺族らの訴訟問題はどうなるのか。酒井弁護士に聞いた。

「当面は、ご遺族の方たちの『被害者の会』設立支援を行っていきます。ご遺族は、自らの親類がどのような状況で亡くなってしまったのか、事故の根本的な原因を知りたがっています。我々が知り得る捜査状況などを知らせていくつもりです。今後、バス運行会社や旅行代理店を刑事告訴することを視野に入れていますし、国交省や関係機関へ要望書を提出することも検討しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る