軽井沢バス転落事故 人権派弁護士が挑む「訴訟の行方」

公開日:  更新日:

 大学生ら15人が亡くなった長野県軽井沢町のバス転落事故。遺族の代理人を務める弁護団が発足したが、その手腕に大きな期待がかけられている。団長を務めるのはNPO法人「犯罪被害者支援弁護士フォーラム」代表代行の酒井宏幸弁護士。これまで数々の犯罪被害者を支援してきた人権派弁護士だ。

 今後、バス運行会社「イーエスピー」(東京・羽村市)やツアー会社「キースツアー」(東京・渋谷区)などと遺族らの訴訟問題はどうなるのか。酒井弁護士に聞いた。

「当面は、ご遺族の方たちの『被害者の会』設立支援を行っていきます。ご遺族は、自らの親類がどのような状況で亡くなってしまったのか、事故の根本的な原因を知りたがっています。我々が知り得る捜査状況などを知らせていくつもりです。今後、バス運行会社や旅行代理店を刑事告訴することを視野に入れていますし、国交省や関係機関へ要望書を提出することも検討しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る