軽井沢バス転落事故 人権派弁護士が挑む「訴訟の行方」

公開日: 更新日:

 大学生ら15人が亡くなった長野県軽井沢町のバス転落事故。遺族の代理人を務める弁護団が発足したが、その手腕に大きな期待がかけられている。団長を務めるのはNPO法人「犯罪被害者支援弁護士フォーラム」代表代行の酒井宏幸弁護士。これまで数々の犯罪被害者を支援してきた人権派弁護士だ。

 今後、バス運行会社「イーエスピー」(東京・羽村市)やツアー会社「キースツアー」(東京・渋谷区)などと遺族らの訴訟問題はどうなるのか。酒井弁護士に聞いた。

「当面は、ご遺族の方たちの『被害者の会』設立支援を行っていきます。ご遺族は、自らの親類がどのような状況で亡くなってしまったのか、事故の根本的な原因を知りたがっています。我々が知り得る捜査状況などを知らせていくつもりです。今後、バス運行会社や旅行代理店を刑事告訴することを視野に入れていますし、国交省や関係機関へ要望書を提出することも検討しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る