ラサール石井の接触事故 1人で「吉原界隈」走行の不可解

公開日: 更新日:

 師走の候、はやる気持ちがそうさせたのか。タレントのラサール石井(60)が16日夕、東京・台東区内で乗用車を運転中に60代女性の原付バイクと接触する事故を起こしてしまった。

 事故が発生したのは同日午後5時10分ごろ。警視庁下谷署の調べでは、ラサールが同区千束の国際通りの交差点を乗用車で右折しようとし、対向車線の原付バイクと衝突したという。バイクを運転していた女性はひざを打つなどの軽傷で、ラサールにケガはない。

「現場は鷲神社前の交差点で片側3車線の道路。信号は青信号で、ラサールが北から南へ走行している途中で右折、北上してきたバイクと接触しました」(捜査事情通)

 ラサールは「確認が不十分だった」と話しており、警察は前方確認不十分による事故の可能性があるとして、詳しく調べているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る