“五輪景気”も消えた泥沼不況時代の「投資戦術」とは

公開日:  更新日:

 あの「五輪景気」への期待は、なんだったのか。東京五輪の招致が決まった時、日本中が「これで2020年まで好景気がつづくぞ」と、浮かれたものだ。ところが、足元の日本経済はリセッション寸前である。2020年に向かって東京の再開発は進んでいるはずなのに、どうして景気は上向かないのか。東京商工リサーチ情報本部長の友田信男氏はこう言う。

「たしかに1964年の東京五輪は、好景気をもたらしましたが、あの時といまは、時代背景が違います。オリンピックの開催は、新興国には景気の起爆剤になりますが、成熟した国にはあまり効果がない。50年前、日本が五輪景気に沸いたのは、まだ国が貧しく、橋や道路など、インフラを一から整備したからです。いまはメンテナンスが中心です。もちろん、経済効果はゼロではないし、本番がはじまったら、お祭りムードになり消費も活発になるでしょう。でも、好景気は、地域も業種も一極集中となり、期間も短いものになるはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る