“五輪景気”も消えた泥沼不況時代の「投資戦術」とは

公開日: 更新日:

 あの「五輪景気」への期待は、なんだったのか。東京五輪の招致が決まった時、日本中が「これで2020年まで好景気がつづくぞ」と、浮かれたものだ。ところが、足元の日本経済はリセッション寸前である。2020年に向かって東京の再開発は進んでいるはずなのに、どうして景気は上向かないのか。東京商工リサーチ情報本部長の友田信男氏はこう言う。

「たしかに1964年の東京五輪は、好景気をもたらしましたが、あの時といまは、時代背景が違います。オリンピックの開催は、新興国には景気の起爆剤になりますが、成熟した国にはあまり効果がない。50年前、日本が五輪景気に沸いたのは、まだ国が貧しく、橋や道路など、インフラを一から整備したからです。いまはメンテナンスが中心です。もちろん、経済効果はゼロではないし、本番がはじまったら、お祭りムードになり消費も活発になるでしょう。でも、好景気は、地域も業種も一極集中となり、期間も短いものになるはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る