• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マイナス金利時代の資産運用 「老後の備え」に何をすべきか

 老後生活は「心配である」と回答した世帯は80.6%に達した。金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」(2015年)の結果だ。

 心配の理由は「年金や保険が十分ではないから」(72.5%)。しかも、マイナス金利に突入し、普通預金の金利は0.001%。100万円を預けて、利息は年10円だ。マイナス金利は他の金融商品にも波及し、貯蓄型の生保は成り立たなくなっていく。

 いったい庶民は、どうやって老後に備えればいいのか。

「資産運用としてメリットが高いのは確定拠出年金で、税制優遇が魅力です。所得税や住民税などの約3割が戻ってきます。毎月5万円を積み立てると、年間で60万円。年収にもよりますが、確定申告すれば、18万円ほどがキャッシュバックされます。マイナス金利時代には有効な運用方法といえます」(ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  3. 3

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  4. 4

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  9. 9

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  10. 10

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

もっと見る