• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1体あたり1日3000円…ボロ儲け「遺体管理施設」の実態

 事件事故に巻き込まれた可能性のある遺体や身元不明遺体は、専門の施設で保管されているのだという。遺体取り違えが起こった「ステラ事業所」(大阪市西成区)もそのひとつ。大阪市の葬儀業「燦ホールディングス」の子会社が運営している。

「大阪府警との契約で、身元不明や身寄りのない遺体を預かっている管理施設です。常に、50体ほどの遺体が置いてあるそうです」(捜査事情通)

 そもそも、こんな施設があることが驚きだが、中国・長沙民政職業技術学院教授の伊藤茂氏(遺体管理学)は制度の不備を指摘する。

「日本には他国のように業者に対する死体管理のための法律がありませんが、遺体管理の民間業者は次々にできています。管理料は、1体あたり、1日3000円くらい。お金は県や市など自治体から支払われます。ただ、都の監察医務院でも、せいぜい収容できるのは20体で、1週間の管理が限度とされています。冷蔵していてもそれ以上になると遺体は傷みます。業者は長い間預かった方が儲かりますが、現状にメスを入れなければ間違いは何度も起こるでしょう」

 業者は遺体管理の講習を受けているわけでもない。管理といっても、せいぜい名札を付けるくらいだという。ここ数年、管理施設に関する条例をつくる自治体は増えているらしいが、孤独死が増えている今、対策を怠るようなら、ゆっくり死んでもいられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る