1体あたり1日3000円…ボロ儲け「遺体管理施設」の実態

公開日: 更新日:

 事件事故に巻き込まれた可能性のある遺体や身元不明遺体は、専門の施設で保管されているのだという。遺体取り違えが起こった「ステラ事業所」(大阪市西成区)もそのひとつ。大阪市の葬儀業「燦ホールディングス」の子会社が運営している。

「大阪府警との契約で、身元不明や身寄りのない遺体を預かっている管理施設です。常に、50体ほどの遺体が置いてあるそうです」(捜査事情通)

 そもそも、こんな施設があることが驚きだが、中国・長沙民政職業技術学院教授の伊藤茂氏(遺体管理学)は制度の不備を指摘する。

「日本には他国のように業者に対する死体管理のための法律がありませんが、遺体管理の民間業者は次々にできています。管理料は、1体あたり、1日3000円くらい。お金は県や市など自治体から支払われます。ただ、都の監察医務院でも、せいぜい収容できるのは20体で、1週間の管理が限度とされています。冷蔵していてもそれ以上になると遺体は傷みます。業者は長い間預かった方が儲かりますが、現状にメスを入れなければ間違いは何度も起こるでしょう」

 業者は遺体管理の講習を受けているわけでもない。管理といっても、せいぜい名札を付けるくらいだという。ここ数年、管理施設に関する条例をつくる自治体は増えているらしいが、孤独死が増えている今、対策を怠るようなら、ゆっくり死んでもいられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  6. 6

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る