• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“前科者”になるケースも 経歴詐称「法律違反」の境界線は

 発売中の週刊文春に“経歴詐称”を指摘され、活動自粛を発表したショーン・マクアードル川上氏(47)。公式サイトの英文プロフィルなどで公表していたテンプル大学卒業の事実はなく、MBAのセミナーも聴講した程度だったという。ゲス不倫の宮崎謙介元衆院議員も、現在は閉鎖されている公式サイト内で、「京都大学大学院工学研究科非常勤講師就任」としながら、実際は数回のゲストスピーカーだったことが報じられていた。

 それなら転職時の履歴書に前職の仕事内容、期間、資格などを“誇張”したサラリーマンも罪に問われることはあるのか。

 弁護士の山口宏氏はこう言う。

「軽犯罪法の第1条15項に、《官公職、位階勲等、学位その他法令により定められた称号若しくは外国におけるこれらに準ずるものを詐称し――》があります。『学士』の資格は法令に基づいたもの。学歴でウソをつけば違反になり、1~30日未満の勾留または、1000~1万円未満の過料に処せられます。起訴されれば、立派な“前科者”になるわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る