• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“前科者”になるケースも 経歴詐称「法律違反」の境界線は

 発売中の週刊文春に“経歴詐称”を指摘され、活動自粛を発表したショーン・マクアードル川上氏(47)。公式サイトの英文プロフィルなどで公表していたテンプル大学卒業の事実はなく、MBAのセミナーも聴講した程度だったという。ゲス不倫の宮崎謙介元衆院議員も、現在は閉鎖されている公式サイト内で、「京都大学大学院工学研究科非常勤講師就任」としながら、実際は数回のゲストスピーカーだったことが報じられていた。

 それなら転職時の履歴書に前職の仕事内容、期間、資格などを“誇張”したサラリーマンも罪に問われることはあるのか。

 弁護士の山口宏氏はこう言う。

「軽犯罪法の第1条15項に、《官公職、位階勲等、学位その他法令により定められた称号若しくは外国におけるこれらに準ずるものを詐称し――》があります。『学士』の資格は法令に基づいたもの。学歴でウソをつけば違反になり、1~30日未満の勾留または、1000~1万円未満の過料に処せられます。起訴されれば、立派な“前科者”になるわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る