日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロート製薬が副業OKに 実は多い「同族企業」社員のメリット

 ロート製薬の副業OKが話題になった。土日祝日と就業後なら、ほかで仕事をやっても構わないというもの。毎日、見知った人たちと代わり映えのしない仕事をやっているサラリーマンにとっては、うらやましいほど刺激的な制度である。

 すでに希望者の申し込みは締め切られていて、人事部と経営陣による面談をクリアすれば、4月から兼業スタートだ。

「公表できる数字は手元にありませんが、希望者は思ったよりも多かったと聞いています。ずっと社内で仕事をしていると、気づかないうちに守りの姿勢といいますか、井の中のかわず状態になっている恐れがあります。副業というダイナミックなチャレンジで、新しい知見、人脈を得られるメリットは大きいと考えています」(広報・CSV推進部)

 同社は、1999年に社長に就いた創業家出身の山田邦雄氏(現会長)がリーダーシップを発揮し、「肌ラボ」などの化粧品分野にも進出し成功している同族企業だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事