<第6回>周辺住民が拒絶も 知られざる新規開設“反対運動”

公開日: 更新日:

 あまり知られていないが、待機児童が減らない原因のひとつに、保育園新設地の周辺住民による「反対運動」がある。“保育園はいらない”ということで、背景には「騒音問題」(業界関係者)があるというが、それだけではない。本紙記者が、東京都内「ワースト1」の1182人の待機児童を抱える世田谷区内の新設予定地2カ所を歩いた。

 1カ所目は、東急東横線田園調布駅から徒歩約15分に位置する東玉川の新設予定地。現在は更地だが、定員60人の認可保育所が2017年4月に開園予定だ。瀟洒な邸宅に囲まれ、辺りは物音ひとつない静寂に包まれている。そんな中、異彩を放つのが、周辺の10軒程度の家屋の塀に掲げられた横断幕だ。黄色地に黒い文字で、〈開設反対!! 住環境の破壊!〉と記されている。周辺住民の70代女性はこう話す。

「予定地の目の前の道は狭い上、大通りへ抜ける裏道になっており、交通量は意外に多い。毎年、事故が起きています。保育所ができれば、親御さんの送り迎えが増え、さらなる事故を招くかもしれません。それに、この辺りは賃貸住宅を貸しているオーナーさんもいます。保育園が周辺にあると、『音』を気にして入居者が来なくなってしまう恐れもあります。保育所の重要性は理解していますが、近所の皆さんの生活がかかっていることでもあるので、余計に開園には慎重になってしまうのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号