• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第6回>周辺住民が拒絶も 知られざる新規開設“反対運動”

 あまり知られていないが、待機児童が減らない原因のひとつに、保育園新設地の周辺住民による「反対運動」がある。“保育園はいらない”ということで、背景には「騒音問題」(業界関係者)があるというが、それだけではない。本紙記者が、東京都内「ワースト1」の1182人の待機児童を抱える世田谷区内の新設予定地2カ所を歩いた。

 1カ所目は、東急東横線田園調布駅から徒歩約15分に位置する東玉川の新設予定地。現在は更地だが、定員60人の認可保育所が2017年4月に開園予定だ。瀟洒な邸宅に囲まれ、辺りは物音ひとつない静寂に包まれている。そんな中、異彩を放つのが、周辺の10軒程度の家屋の塀に掲げられた横断幕だ。黄色地に黒い文字で、〈開設反対!! 住環境の破壊!〉と記されている。周辺住民の70代女性はこう話す。

「予定地の目の前の道は狭い上、大通りへ抜ける裏道になっており、交通量は意外に多い。毎年、事故が起きています。保育所ができれば、親御さんの送り迎えが増え、さらなる事故を招くかもしれません。それに、この辺りは賃貸住宅を貸しているオーナーさんもいます。保育園が周辺にあると、『音』を気にして入居者が来なくなってしまう恐れもあります。保育所の重要性は理解していますが、近所の皆さんの生活がかかっていることでもあるので、余計に開園には慎重になってしまうのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る