• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第5回>4人に1人が“認可”全滅 妊娠前から始まる保活事情

 保活戦線は異常だらけだ。共働き子育て世代向けサイト「日経DUAL」が2012~15年に保活した男女736人を対象に行ったアンケートで、厳しい事情が浮き彫りになっている。

 入所の第1希望は認可保育所が88・8%で断トツ。東京都の認証保育所が6%、認定こども園が1.5%と続き、勤務先などが設ける事業所内保育所はわずか0・8%だった。認可希望者のうち、第1希望がかなったのは43.1%。全滅が27.7%もいた。

 待機児童がとりわけ多い都内では、認可の入所倍率2倍超えは珍しくない。妊娠前から保活を始めるのはもはや常識らしい。0歳児クラスの4月入園を逃したら、認可にはまず入れないからだ。申請締め切りは前年の11~12月が多い。

 都内のメーカーに勤める30代女性はこう言う。

「認可の受け入れはだいたい生後8週以降なので、10月までに産まなければ締め切りに間に合わない。早生まれなんて話になりません。私は出産日から逆算して妊活しました。うちの子は5月生まれで、認可と認可外を合わせて10カ所ほど申し込み、運良く第2希望の認可に入れました。30カ所申請した、なんて話も聞きますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  10. 10

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

もっと見る