<第5回>4人に1人が“認可”全滅 妊娠前から始まる保活事情

公開日:  更新日:

 保活戦線は異常だらけだ。共働き子育て世代向けサイト「日経DUAL」が2012~15年に保活した男女736人を対象に行ったアンケートで、厳しい事情が浮き彫りになっている。

 入所の第1希望は認可保育所が88・8%で断トツ。東京都の認証保育所が6%、認定こども園が1.5%と続き、勤務先などが設ける事業所内保育所はわずか0・8%だった。認可希望者のうち、第1希望がかなったのは43.1%。全滅が27.7%もいた。

 待機児童がとりわけ多い都内では、認可の入所倍率2倍超えは珍しくない。妊娠前から保活を始めるのはもはや常識らしい。0歳児クラスの4月入園を逃したら、認可にはまず入れないからだ。申請締め切りは前年の11~12月が多い。

 都内のメーカーに勤める30代女性はこう言う。

「認可の受け入れはだいたい生後8週以降なので、10月までに産まなければ締め切りに間に合わない。早生まれなんて話になりません。私は出産日から逆算して妊活しました。うちの子は5月生まれで、認可と認可外を合わせて10カ所ほど申し込み、運良く第2希望の認可に入れました。30カ所申請した、なんて話も聞きますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る