<第5回>4人に1人が“認可”全滅 妊娠前から始まる保活事情

公開日: 更新日:

 保活戦線は異常だらけだ。共働き子育て世代向けサイト「日経DUAL」が2012~15年に保活した男女736人を対象に行ったアンケートで、厳しい事情が浮き彫りになっている。

 入所の第1希望は認可保育所が88・8%で断トツ。東京都の認証保育所が6%、認定こども園が1.5%と続き、勤務先などが設ける事業所内保育所はわずか0・8%だった。認可希望者のうち、第1希望がかなったのは43.1%。全滅が27.7%もいた。

 待機児童がとりわけ多い都内では、認可の入所倍率2倍超えは珍しくない。妊娠前から保活を始めるのはもはや常識らしい。0歳児クラスの4月入園を逃したら、認可にはまず入れないからだ。申請締め切りは前年の11~12月が多い。

 都内のメーカーに勤める30代女性はこう言う。

「認可の受け入れはだいたい生後8週以降なので、10月までに産まなければ締め切りに間に合わない。早生まれなんて話になりません。私は出産日から逆算して妊活しました。うちの子は5月生まれで、認可と認可外を合わせて10カ所ほど申し込み、運良く第2希望の認可に入れました。30カ所申請した、なんて話も聞きますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る