フランク三浦、面白い恋人…パロディー商品の境界線は?

公開日: 更新日:

 スイスの高級時計「フランク・ミュラー」のパロディー商品「フランク三浦」の商標登録を巡る裁判で今月、「三浦」側勝訴の判決が出た。「ミュラー」側の申し立てを受けて登録を無効にした特許庁の判断に対し、三浦側が異議を唱えたもの。判決では、「商標について呼称は似ているとはいえ、外観で明確に区別ができ、観念も異なる」とされた。

 世にパロディー商品は山ほどある。だが、判決はさまざまだ。5年前、吉本興業の関連会社、よしもと倶楽部の「面白い恋人」は「白い恋人」との関係で、商標登録を認めてもらえなかった。この違いはどこにあるのか。

「両者ともパロディー商品に関するものという点では、共通しています。しかし、面白い恋人は、本家の知名度や顧客に便乗する形のもので、白い恋人のブランド力を弱めてしまう恐れがあると判断された。だから、商標出願を拒絶する査定がされたのに対し、フランク三浦は、本家の高級時計とはデザイン、価格帯も一線を画している。だから、商標の類似性はなく、商品の出所を誤認させることもないと判断され、商標は認められることになったのです」(東京永田町法律事務所代表・長谷川裕雅弁護士)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る