フランク三浦、面白い恋人…パロディー商品の境界線は?

公開日:  更新日:

 スイスの高級時計「フランク・ミュラー」のパロディー商品「フランク三浦」の商標登録を巡る裁判で今月、「三浦」側勝訴の判決が出た。「ミュラー」側の申し立てを受けて登録を無効にした特許庁の判断に対し、三浦側が異議を唱えたもの。判決では、「商標について呼称は似ているとはいえ、外観で明確に区別ができ、観念も異なる」とされた。

 世にパロディー商品は山ほどある。だが、判決はさまざまだ。5年前、吉本興業の関連会社、よしもと倶楽部の「面白い恋人」は「白い恋人」との関係で、商標登録を認めてもらえなかった。この違いはどこにあるのか。

「両者ともパロディー商品に関するものという点では、共通しています。しかし、面白い恋人は、本家の知名度や顧客に便乗する形のもので、白い恋人のブランド力を弱めてしまう恐れがあると判断された。だから、商標出願を拒絶する査定がされたのに対し、フランク三浦は、本家の高級時計とはデザイン、価格帯も一線を画している。だから、商標の類似性はなく、商品の出所を誤認させることもないと判断され、商標は認められることになったのです」(東京永田町法律事務所代表・長谷川裕雅弁護士)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る