フランク三浦、面白い恋人…パロディー商品の境界線は?

公開日: 更新日:

 スイスの高級時計「フランク・ミュラー」のパロディー商品「フランク三浦」の商標登録を巡る裁判で今月、「三浦」側勝訴の判決が出た。「ミュラー」側の申し立てを受けて登録を無効にした特許庁の判断に対し、三浦側が異議を唱えたもの。判決では、「商標について呼称は似ているとはいえ、外観で明確に区別ができ、観念も異なる」とされた。

 世にパロディー商品は山ほどある。だが、判決はさまざまだ。5年前、吉本興業の関連会社、よしもと倶楽部の「面白い恋人」は「白い恋人」との関係で、商標登録を認めてもらえなかった。この違いはどこにあるのか。

「両者ともパロディー商品に関するものという点では、共通しています。しかし、面白い恋人は、本家の知名度や顧客に便乗する形のもので、白い恋人のブランド力を弱めてしまう恐れがあると判断された。だから、商標出願を拒絶する査定がされたのに対し、フランク三浦は、本家の高級時計とはデザイン、価格帯も一線を画している。だから、商標の類似性はなく、商品の出所を誤認させることもないと判断され、商標は認められることになったのです」(東京永田町法律事務所代表・長谷川裕雅弁護士)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る