ANAも大損害…頻発する“システムトラブル”責任はどこに?

公開日: 更新日:

 コンピューターのシステムのどこかにわずかでもバグが生じると大変だ。1日は日本航空のシステムトラブルで、46便が欠航。全日空の大規模システム障害では、146便が欠航、391便が遅延。被害を受けた利用者は、約7万2000人に上る。提携するエア・ドゥなども同じシステムを利用するため、“火元”の問題では済まなくなった。

 そこで被害を受けた全日空は31日、3億6000万円の逸失収入があったとして、システムを納入した日本ユニシスへの損害賠償請求を検討していると報じられた。同じようなシステムトラブルは、コトの大小を問わずどこでも起こりうるだろう。

 損害賠償を求めるのはもっともらしいが、裁判では必ずしも請求が認められるとは限らない。システムのバグが、すべて“欠陥”と認定されるわけではないのだ。

 システム不具合による損害賠償請求を退けた東京地裁は、こんな判断を示した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

もっと見る