• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なぜメガネ店で補聴器を売るのか 大手チェーンに聞いた

 メガネ店に行って、ふと横を見ると、補聴器の販売コーナーが――。そういえば、多くの店でメガネと補聴器は一緒に売られている。確かに目、耳は五感にとって重要な器官だが、役割は全然違う。なぜ、メガネ店で補聴器も売っているのか。

 高齢化社会で、目が悪い、耳が聞こえないといった悩みを抱える人はますます増えている。そこでお世話になるのがメガネ店ということになるが、よくよく考えてみると変な話だ。病院では「耳鼻咽喉科」があるが、セットは耳と鼻と喉。目は眼科と決まっている。それなのに、メガネと補聴器は同じメガネ店。

 はたしていつ頃からメガネ店で補聴器も売るようになったのか。大手メガネチェーンの三城に聞いてみた。

「目がかすんで見えない、近くが見えにくいといったお客さまの接客と、耳が遠くて会話がしにくい、言葉が聞き取れないという際の接客の仕方が似ているというのがひとつの理由です。メガネを合わせる時はそれが合うかどうかを一生懸命聞くことが大切ですが、補聴器も同じなんです。そしてメガネを買いに来店した年配のお客さまに提案した時に、聞こえていなくて話のつじつまが合わないといったこともお店であって、メガネも補聴器も売るようになったというのが経緯です。ちなみに、当社が補聴器の販売を始めたのは30年ほど前。いつからどこが始めたかは、はっきりは分かりません。メガネと補聴器を一緒に売っているのは日本だけで、海外にはないそうです」(商品本部商品開発の担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る