なぜメガネ店で補聴器を売るのか 大手チェーンに聞いた

公開日: 更新日:

 メガネ店に行って、ふと横を見ると、補聴器の販売コーナーが――。そういえば、多くの店でメガネと補聴器は一緒に売られている。確かに目、耳は五感にとって重要な器官だが、役割は全然違う。なぜ、メガネ店で補聴器も売っているのか。

 高齢化社会で、目が悪い、耳が聞こえないといった悩みを抱える人はますます増えている。そこでお世話になるのがメガネ店ということになるが、よくよく考えてみると変な話だ。病院では「耳鼻咽喉科」があるが、セットは耳と鼻と喉。目は眼科と決まっている。それなのに、メガネと補聴器は同じメガネ店。

 はたしていつ頃からメガネ店で補聴器も売るようになったのか。大手メガネチェーンの三城に聞いてみた。

「目がかすんで見えない、近くが見えにくいといったお客さまの接客と、耳が遠くて会話がしにくい、言葉が聞き取れないという際の接客の仕方が似ているというのがひとつの理由です。メガネを合わせる時はそれが合うかどうかを一生懸命聞くことが大切ですが、補聴器も同じなんです。そしてメガネを買いに来店した年配のお客さまに提案した時に、聞こえていなくて話のつじつまが合わないといったこともお店であって、メガネも補聴器も売るようになったというのが経緯です。ちなみに、当社が補聴器の販売を始めたのは30年ほど前。いつからどこが始めたかは、はっきりは分かりません。メガネと補聴器を一緒に売っているのは日本だけで、海外にはないそうです」(商品本部商品開発の担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  4. 4

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  7. 7

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  10. 10

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

もっと見る