なぜメガネ店で補聴器を売るのか 大手チェーンに聞いた

公開日:  更新日:

 メガネ店に行って、ふと横を見ると、補聴器の販売コーナーが――。そういえば、多くの店でメガネと補聴器は一緒に売られている。確かに目、耳は五感にとって重要な器官だが、役割は全然違う。なぜ、メガネ店で補聴器も売っているのか。

 高齢化社会で、目が悪い、耳が聞こえないといった悩みを抱える人はますます増えている。そこでお世話になるのがメガネ店ということになるが、よくよく考えてみると変な話だ。病院では「耳鼻咽喉科」があるが、セットは耳と鼻と喉。目は眼科と決まっている。それなのに、メガネと補聴器は同じメガネ店。

 はたしていつ頃からメガネ店で補聴器も売るようになったのか。大手メガネチェーンの三城に聞いてみた。

「目がかすんで見えない、近くが見えにくいといったお客さまの接客と、耳が遠くて会話がしにくい、言葉が聞き取れないという際の接客の仕方が似ているというのがひとつの理由です。メガネを合わせる時はそれが合うかどうかを一生懸命聞くことが大切ですが、補聴器も同じなんです。そしてメガネを買いに来店した年配のお客さまに提案した時に、聞こえていなくて話のつじつまが合わないといったこともお店であって、メガネも補聴器も売るようになったというのが経緯です。ちなみに、当社が補聴器の販売を始めたのは30年ほど前。いつからどこが始めたかは、はっきりは分かりません。メガネと補聴器を一緒に売っているのは日本だけで、海外にはないそうです」(商品本部商品開発の担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る