ホテルは無料なのに…なぜ病室のテレビだけは有料なのか

公開日:  更新日:

 旅館やホテルで、100円玉を入れてテレビを見ていたのは昭和の時代。いまや客室のテレビは無料が当たり前だが、病院の病室だけは今も“テレビカード”を買わないとテレビが見られない。なぜ病院のテレビはいまだに有料なのか。

「それは、病院がサービス業ではないからです。病状に関わる療養設備以外は保険もきかないので、患者の自己負担としているのです」

 こう言うのは医療ジャーナリストの村上和巳氏だ。

 実は、このカード式のテレビを病院に貸し出す業者がいる。貸し出しは無料の上、患者が支払うテレビ料金の一部が、業者から病院に手数料として支払われる仕組み。これがテレビを有料にしているようだ。

 もっとも、「病院が自前でテレビを買って全てのベッドに設置するとなると、莫大な費用がかかります。病院側は、それを患者から広く浅く徴収することになるでしょう。しかし現行のシステムなら、業者は儲かるし、病院もコストをかけずに済む。患者は懐具合に応じて、テレビの視聴時間を減らせばいいのです。テレビを見ない患者は一銭も取られません。三者三様にメリットがあるのです」(村上氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る