• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早大サークルが居酒屋と騒動に キャンセル料の法的根拠は

 先日、早稲田大のサークルが50人分の居酒屋の予約を無断キャンセルし、それを店側がツイッターで告発、ネットで炎上した。後日解決したようだから幾らかキャンセル料を支払ったのだろうが、急病などでもキャンセル料は支払わなければならないのか? そもそもキャンセル料に法的根拠はあるのか?

 篠原総合法律事務所の篠原一廣弁護士はこう解説する。

「キャンセル料とは、法的には契約の解除に伴う損害賠償、または合意を前提とする違約金となります。つまり、HPで明記されているなど予約をした者が合意していると解される場合、店側は提示した違約金を請求できます。あらかじめの合意がない場合でも、キャンセルに伴って店側に生じた損害の賠償を求められるのです」

 損害賠償の場合、キャンセルされなければ店側が得たであろう「利益」が損害になる。飲食店の場合、材料などは他に回すことができるし、人件費も、その予約のために増員したなどの事情がない限り、キャンセルとは関係なくかかるから、その分は差し引かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る