山の旅館なのに…なぜ夕食に「海の幸」が出るのか?

公開日: 更新日:

 山奥の温泉旅館に泊まったのに、なぜか夕食はマグロやイカの刺し身がてんこ盛りで……なんてことは全然珍しくない。自宅近くの通いなれた居酒屋と変わらないメニューだ。せっかく遠くまで足を運んでも、旅行気分すら満喫できない。なぜ、山の旅館でも海の幸が出てくるのか。

「確かに内陸部の旅館ではマグロの刺し身などが定番です。これは、それらの旅館が都会の客ではなく、地元の高齢者が催す宴会に頼った経営をしているからです」

 こう言うのは、高崎経済大学観光政策学科の井門隆夫准教授だ。団塊世代より上の70~80代にとって刺し身は高級品である。しかも総務省の家計調査(2016年3月)によると、都市別のマグロ消費量はトップの静岡市は別として、3位にさいたま市、4位に甲府市、8位に宇都宮市が入っている。内陸部の高齢者ほど刺し身好きなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る