• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山の旅館なのに…なぜ夕食に「海の幸」が出るのか?

 山奥の温泉旅館に泊まったのに、なぜか夕食はマグロやイカの刺し身がてんこ盛りで……なんてことは全然珍しくない。自宅近くの通いなれた居酒屋と変わらないメニューだ。せっかく遠くまで足を運んでも、旅行気分すら満喫できない。なぜ、山の旅館でも海の幸が出てくるのか。

「確かに内陸部の旅館ではマグロの刺し身などが定番です。これは、それらの旅館が都会の客ではなく、地元の高齢者が催す宴会に頼った経営をしているからです」

 こう言うのは、高崎経済大学観光政策学科の井門隆夫准教授だ。団塊世代より上の70~80代にとって刺し身は高級品である。しかも総務省の家計調査(2016年3月)によると、都市別のマグロ消費量はトップの静岡市は別として、3位にさいたま市、4位に甲府市、8位に宇都宮市が入っている。内陸部の高齢者ほど刺し身好きなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る