• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

半藤一利さん<7>「日本のいちばん長い日」は「終戦日の当事者座談会」から生まれた

作家・半藤一利さん(C)日刊ゲンダイ

 1962年、「文藝春秋」編集部にいた私は、2年後の東京オリンピックに向けて、大座談会を企画しました。日本人で存命の元五輪選手を全員呼んで、いかに活躍したか話を聞くというもの。ただ、人数が多くて一度に全員を集めるのには無理があった。そこで各オリンピックごとに座談会をやり、全員が集…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事