がん患者は30%が依願退職 4%が解雇に追い込まれる

公開日: 更新日:

「働かなくていい」――自民党厚労部会でこう言い放った大西英男衆院議員は、ただのチンピラではなく、自民党の東京都連副会長という要職にあった。男性は3人に2人、女性は2人に1人が、がんになる時代。大西議員は罹患したら働かないのだろうが、多くのサラリーマンはそうはいかない。生きるため、家族のために働き続けざるを得ないのだ。今週は、「がんと仕事」についてリポートする。

 東京の自民党のナンバー2だった“ヤジ将軍”は全然知らないのだろうが、がん患者は働く場所を選べないのが現実だ。

 厚労省研究班の調査では、がんになるとサラリーマンは30%が依願退職し、4%が解雇されていた。自営業者は13%が廃業に追い込まれていることも明らかになっている。がん治療から復帰した大企業の正社員を対象にした東京女子医大の報告では、10%が依願退職し、39%が再休職している。中小企業や自営業など立場が弱いほど、仕事を継続するのが難しいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

  3. 3

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  8. 8

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    家賃収入4000万円 “ママチャリ大家”の不動産投資人生<前>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る