がん患者は30%が依願退職 4%が解雇に追い込まれる

公開日: 更新日:

「働かなくていい」――自民党厚労部会でこう言い放った大西英男衆院議員は、ただのチンピラではなく、自民党の東京都連副会長という要職にあった。男性は3人に2人、女性は2人に1人が、がんになる時代。大西議員は罹患したら働かないのだろうが、多くのサラリーマンはそうはいかない。生きるため、家族のために働き続けざるを得ないのだ。今週は、「がんと仕事」についてリポートする。

 東京の自民党のナンバー2だった“ヤジ将軍”は全然知らないのだろうが、がん患者は働く場所を選べないのが現実だ。

 厚労省研究班の調査では、がんになるとサラリーマンは30%が依願退職し、4%が解雇されていた。自営業者は13%が廃業に追い込まれていることも明らかになっている。がん治療から復帰した大企業の正社員を対象にした東京女子医大の報告では、10%が依願退職し、39%が再休職している。中小企業や自営業など立場が弱いほど、仕事を継続するのが難しいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  10. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る