がん患者は30%が依願退職 4%が解雇に追い込まれる

公開日:

「働かなくていい」――自民党厚労部会でこう言い放った大西英男衆院議員は、ただのチンピラではなく、自民党の東京都連副会長という要職にあった。男性は3人に2人、女性は2人に1人が、がんになる時代。大西議員は罹患したら働かないのだろうが、多くのサラリーマンはそうはいかない。生きるため、家族のために働き続けざるを得ないのだ。今週は、「がんと仕事」についてリポートする。

 東京の自民党のナンバー2だった“ヤジ将軍”は全然知らないのだろうが、がん患者は働く場所を選べないのが現実だ。

 厚労省研究班の調査では、がんになるとサラリーマンは30%が依願退職し、4%が解雇されていた。自営業者は13%が廃業に追い込まれていることも明らかになっている。がん治療から復帰した大企業の正社員を対象にした東京女子医大の報告では、10%が依願退職し、39%が再休職している。中小企業や自営業など立場が弱いほど、仕事を継続するのが難しいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る