平尾誠二さんの命を奪った「胆管細胞がん」 の恐ろしさ

公開日: 更新日:

 20日に亡くなったラグビー元日本代表監督で神戸製鋼ゼネラルマネジャーの平尾誠二さんの死因が、遺族から発表された。53歳の早すぎる死をもたらした病名は「胆管細胞がん」。肝臓がんの一種である。

 胆管とは肝臓から出た胆汁を十二指腸に運ぶ管。ここにがんができることで、重篤な場合は死に至ることになる。

「胆管細胞がんは、がんの死因の4%を占める。がんができて胆管が詰まるのですが、その場所は肝臓の外部と内部の2つに分かれます」とは医学博士の米山公啓氏だ。

「肝臓の外だと黄疸で発熱、倦怠感、食欲不振の症状が出たり、胆石と同じ痛みが走るから、比較的発見しやすい。問題は肝臓の内側の胆管にがんができた場合です。自覚症状がないため、進行してからでないと見つかりにくいのです。いずれも、がんが肝機能を低下させ、肺などに転移する危険性があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  4. 4

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  5. 5

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  10. 10

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

もっと見る