【夏野菜のみぞれ和え】皮ごとおろす大根の辛さを味わう

公開日:  更新日:

板前料理福重(宮崎・宮崎市)

 ねっとり、サクサクしたオクラの歯ざわりに、シメジのしこしこした食感。その次にくるのが、ピリリとした辛さだ。使う食材はオクラ、シメジ、大根のみ。調味料は薄口醤油と酢しか使っていない。

「これは大根の辛味を最大に生かした一品なんですよ。どうも都会の人は大根に甘さを求めているでしょ? でも、辛い大根もおいしいんですよ」

 とは福重さん。

 辛さのあまり、額にうっすらと汗が浮き出る。そこでギンギンに冷えたビールをグビリ。これは、こたえられない。汗が引くと爽やかな自然の涼しさを感じられる。なるほど、これはまさに夏向き、涼を呼ぶ料理だ。

「お酢は小さじ1杯程度。酸味を感じるくらいでいいんです。コツは大根の皮をむかずにおろすこと。大根は皮の部分に辛さがある。できれば、おろし金は目の粗いものを使った方が、より辛さを味わうことができますよ」

 調理時間もわずか5分ほど。「ちょっと一品、オレが作るよ」と夕食の小鉢として出せば、奥さんもビックリ?

《レシピ》
・大根      
・オクラ     3、4本
・シメジ     半パック
・薄口醤油    大さじ1
・酢       小さじ1

 オクラとシメジをさっと湯がいて、水を切る。輪切りにしたオクラとシメジを、皮ごとすりおろした大根おろし、醤油、酢で和えるだけ。

今日の達人 福重浩さん

▽ふくしげ・ひろし
 宮崎県都城市出身。高校の調理科を卒業後、大阪から南は鹿児島まで、西日本を中心に修業。しかし、「どこに行っても宮崎の食材が頭をよぎっていた。結局、日向灘の魚にかなうものはなかった」と見定めて、帰郷。30歳で独立して「福重」を構え、今年で32年目になる。 

▼福重
 日向灘で取れた新鮮な海の幸が自慢の板前料理店。メニューはなく、コース中心で、料理はその日の仕入れ状況次第。「だからこそ、海の食材は面白い」(福重さん)。予算に応じた注文も可能。プロ野球選手やプロゴルファーらにもファンが多い。
宮崎県宮崎市千草町8―6 ℡0985・28・8196

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る