加藤治文さん<4>世界初の偉業にねたみ 論文破棄の瞬間目撃

公開日: 更新日:
海外の研究者がよく訪れた(提供写真)

 1978年、米国で光線力学療法(PDT)の現場を生で見る。乳がんの皮膚転移に対する対症療法で、根治を目指すものではなかった。それを見た加藤氏は、アイデアが浮かんだという。

「肺がんの発がん過程と早期発見の仕組みを研究してきたので、PDTを早期肺がん…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  3. 3

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  7. 7

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

  10. 10

    日比谷高校の東大合格者数“復活”に尽力した3人の立役者

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る