山下洋輔さんのヒジ奏法は筒井康隆さんの小説が影響した

公開日: 更新日:

 ジャズピアニストの第一人者で、母校の国立音楽大学の招聘教授、エッセイストでもある。公私ともに影響を受けたのが、親交の深い作家、筒井康隆さんだ。

「最初に出合って衝撃を受けた作品は、SFマガジンに1965年に掲載された『東海道戦争』。東京と大阪との戦争を描いたSFです。それ以来、ぼくは“筒井中毒”(笑い)。学生の頃は、アーサー・チャールズ・クラークやアイザック・アシモフ、ハインラインのSFを読んでましたが、それらにはない筒井さんの発想や文体、リズム感に惚れ込みました」

 取材日にかばんに入っていたのは「虚航船団」(84年)。文房具船の文房具たちと凶悪なイタチ族との戦争モノ。

「とんでもないスケールでしょう。1ページ読むのにかなり時間がかかるから、長距離の移動にはありがたい。実は深い話らしく、歴史に詳しい人は『ヨーロッパ史のパロディーだ』といいますね。フランス革命やヒトラーの台頭などらしい。筒井さんの作品は予言の書でもあるんです。だから、今読んでも面白い。『最後の喫煙者』(87年)は、喫煙が罰せられる社会で、必死に逃げ隠れしながらたばこを吸っている男が主人公。あれは、人に何も危害を加えてないのに攻撃されるキングコングのパロディーですね。『48億の妄想』(65年)は、テレビニュースが面白くなくて飽きられて、どんどんバラエティー化するという話。今まさに日本のテレビはその道を歩んできた。だから、人類はいつか文房具に襲われるかもしれませんよ(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る