山下洋輔さんのヒジ奏法は筒井康隆さんの小説が影響した

公開日: 更新日:

 ジャズピアニストの第一人者で、母校の国立音楽大学の招聘教授、エッセイストでもある。公私ともに影響を受けたのが、親交の深い作家、筒井康隆さんだ。

「最初に出合って衝撃を受けた作品は、SFマガジンに1965年に掲載された『東海道戦争』。東京と大阪との戦争を描いたSFです。それ以来、ぼくは“筒井中毒”(笑い)。学生の頃は、アーサー・チャールズ・クラークやアイザック・アシモフ、ハインラインのSFを読んでましたが、それらにはない筒井さんの発想や文体、リズム感に惚れ込みました」

 取材日にかばんに入っていたのは「虚航船団」(84年)。文房具船の文房具たちと凶悪なイタチ族との戦争モノ。

「とんでもないスケールでしょう。1ページ読むのにかなり時間がかかるから、長距離の移動にはありがたい。実は深い話らしく、歴史に詳しい人は『ヨーロッパ史のパロディーだ』といいますね。フランス革命やヒトラーの台頭などらしい。筒井さんの作品は予言の書でもあるんです。だから、今読んでも面白い。『最後の喫煙者』(87年)は、喫煙が罰せられる社会で、必死に逃げ隠れしながらたばこを吸っている男が主人公。あれは、人に何も危害を加えてないのに攻撃されるキングコングのパロディーですね。『48億の妄想』(65年)は、テレビニュースが面白くなくて飽きられて、どんどんバラエティー化するという話。今まさに日本のテレビはその道を歩んできた。だから、人類はいつか文房具に襲われるかもしれませんよ(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

もっと見る