• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山下洋輔さんのヒジ奏法は筒井康隆さんの小説が影響した

 ジャズピアニストの第一人者で、母校の国立音楽大学の招聘教授、エッセイストでもある。公私ともに影響を受けたのが、親交の深い作家、筒井康隆さんだ。

「最初に出合って衝撃を受けた作品は、SFマガジンに1965年に掲載された『東海道戦争』。東京と大阪との戦争を描いたSFです。それ以来、ぼくは“筒井中毒”(笑い)。学生の頃は、アーサー・チャールズ・クラークやアイザック・アシモフ、ハインラインのSFを読んでましたが、それらにはない筒井さんの発想や文体、リズム感に惚れ込みました」

 取材日にかばんに入っていたのは「虚航船団」(84年)。文房具船の文房具たちと凶悪なイタチ族との戦争モノ。

「とんでもないスケールでしょう。1ページ読むのにかなり時間がかかるから、長距離の移動にはありがたい。実は深い話らしく、歴史に詳しい人は『ヨーロッパ史のパロディーだ』といいますね。フランス革命やヒトラーの台頭などらしい。筒井さんの作品は予言の書でもあるんです。だから、今読んでも面白い。『最後の喫煙者』(87年)は、喫煙が罰せられる社会で、必死に逃げ隠れしながらたばこを吸っている男が主人公。あれは、人に何も危害を加えてないのに攻撃されるキングコングのパロディーですね。『48億の妄想』(65年)は、テレビニュースが面白くなくて飽きられて、どんどんバラエティー化するという話。今まさに日本のテレビはその道を歩んできた。だから、人類はいつか文房具に襲われるかもしれませんよ(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る