組織ごとに温度差 企業や警察が取り組む中国語対策の実情

公開日:

 中国の成長神話に陰りが見えてきたとはいえ、商社やメーカーにとって中国市場は魅力的だ。その象徴が、大手商社の一角・伊藤忠の「中国語対策」だろう。

「日本中を見渡して1000人の社員が中国語を話せる会社は例を見ない」

 同社の岡藤正広会長は先月、中国語を話せる社員が1000人を超えたのを記念した集会で、そう語っている。

 3年前に中国政府系企業のCITIC、タイにあるアジア有数のコングロマリットCPらと業務提携を締結。中国関連ビジネスを強化すべく、「中国語人材1000人育成プロジェクト」を打ち出した。中国政府公認の中国語検定試験「HSK」の合格者で、1000人のうち2割はネーティブ並みの上級、3割はビジネス会話ができる中級だという。

「プロジェクトが始まってからは、中国語会話のレッスン費用が全額会社負担になっています。さらにスペシャリストの育成を目指す『海外特定地域派遣』や語学研修で派遣される人数が30人から45人に増えたのです」(同社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る