組織ごとに温度差 企業や警察が取り組む中国語対策の実情

公開日:

 中国の成長神話に陰りが見えてきたとはいえ、商社やメーカーにとって中国市場は魅力的だ。その象徴が、大手商社の一角・伊藤忠の「中国語対策」だろう。

「日本中を見渡して1000人の社員が中国語を話せる会社は例を見ない」

 同社の岡藤正広会長は先月、中国語を話せる社員が1000人を超えたのを記念した集会で、そう語っている。

 3年前に中国政府系企業のCITIC、タイにあるアジア有数のコングロマリットCPらと業務提携を締結。中国関連ビジネスを強化すべく、「中国語人材1000人育成プロジェクト」を打ち出した。中国政府公認の中国語検定試験「HSK」の合格者で、1000人のうち2割はネーティブ並みの上級、3割はビジネス会話ができる中級だという。

「プロジェクトが始まってからは、中国語会話のレッスン費用が全額会社負担になっています。さらにスペシャリストの育成を目指す『海外特定地域派遣』や語学研修で派遣される人数が30人から45人に増えたのです」(同社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る