組織ごとに温度差 企業や警察が取り組む中国語対策の実情

公開日: 更新日:

 中国の成長神話に陰りが見えてきたとはいえ、商社やメーカーにとって中国市場は魅力的だ。その象徴が、大手商社の一角・伊藤忠の「中国語対策」だろう。

「日本中を見渡して1000人の社員が中国語を話せる会社は例を見ない」

 同社の岡藤正広会長は先月、中国語を話せる社員が1000人を超えたのを記念した集会で、そう語っている。

 3年前に中国政府系企業のCITIC、タイにあるアジア有数のコングロマリットCPらと業務提携を締結。中国関連ビジネスを強化すべく、「中国語人材1000人育成プロジェクト」を打ち出した。中国政府公認の中国語検定試験「HSK」の合格者で、1000人のうち2割はネーティブ並みの上級、3割はビジネス会話ができる中級だという。

「プロジェクトが始まってからは、中国語会話のレッスン費用が全額会社負担になっています。さらにスペシャリストの育成を目指す『海外特定地域派遣』や語学研修で派遣される人数が30人から45人に増えたのです」(同社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る