猫派と犬派で性格に違い 「さびしがり屋」なのはどっち?

公開日:  更新日:

 家庭で一番孤独なのは50代の女性かも……。

 昨年、猫の飼育頭数が初めて犬を上回ったが、「犬派」VS「猫派」の論争は尽きない。市場調査「クロス・マーケティング」が男女1000人にアンケートしたところ、実際に飼っている数とは異なり、「犬派」が46.9%で、「猫派」の33.6%を大きく上回った。

 ところが、この比率は男女によって違いがクッキリ。男性60代の61%が犬派と答えたのに対し、女性60代は43%。女性は平均的に猫派が多い。特に40代と50代になると猫派が増え、50代にいたっては猫派が45%で犬派の41%を逆転している。

 興味深いのは、犬派と猫派に聞いた自分の性格。猫派が犬派より10ポイント以上高かった項目は、「人見知り」「団体行動は苦手」「インドア」「感受性が豊か」の項目。反対に犬派は「忍耐力がある」「社交的」などが猫派をやや上回った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る