早期金融教育で注目 子ども向け投資ゲームの危険な副作用

公開日:

 子ども向け「投資ゲーム」は吉と出るのか――。ゲームを通じて子どもの投資やお金に関する知識を深めようという試みが、広がりを見せている。

 ネットショッピングやスマホ決済などを通じて子どもが安易に「お金」を使う機会が増え、突然、親の元に高額請求が舞い込むといったトラブルも多発している。こうした子どもの「金銭事情」の急速な変化があり、早期の金融教育が求められているという。

 日銀や金融業界団体などで構成する「金融広報中央委員会」は、年齢層別の学習プログラムを作成。社会を「安全に生き抜く」金融知識の普及を図っている。その中で、注目されているのが、子ども向けの投資ゲームである。

 投資ゲームの元祖「人生ゲーム」を販売するタカラトミー(東京・葛飾区)は、本社に近い足立区の小学校で、同ゲームを活用した学習支援活動を行う。発売から今年で50周年、販売個数は1500万個に上る。開発担当者は「借金、株券などの言葉の意味や、お金の大切さをゲームから知ったという声が、購入者から多く寄せられている」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る