早期金融教育で注目 子ども向け投資ゲームの危険な副作用

公開日:

 子ども向け「投資ゲーム」は吉と出るのか――。ゲームを通じて子どもの投資やお金に関する知識を深めようという試みが、広がりを見せている。

 ネットショッピングやスマホ決済などを通じて子どもが安易に「お金」を使う機会が増え、突然、親の元に高額請求が舞い込むといったトラブルも多発している。こうした子どもの「金銭事情」の急速な変化があり、早期の金融教育が求められているという。

 日銀や金融業界団体などで構成する「金融広報中央委員会」は、年齢層別の学習プログラムを作成。社会を「安全に生き抜く」金融知識の普及を図っている。その中で、注目されているのが、子ども向けの投資ゲームである。

 投資ゲームの元祖「人生ゲーム」を販売するタカラトミー(東京・葛飾区)は、本社に近い足立区の小学校で、同ゲームを活用した学習支援活動を行う。発売から今年で50周年、販売個数は1500万個に上る。開発担当者は「借金、株券などの言葉の意味や、お金の大切さをゲームから知ったという声が、購入者から多く寄せられている」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

もっと見る