服飾評論家に聞いた TOKIO“黒スーツ&黒タイ”謝罪会見の是非

公開日:

 TOKIO山口達也の謝罪会見はファッションも異様だった。なぜか黒いスーツに白いワイシャツ、それに黒いネクタイといういでたち。その後に開かれた4人のメンバーも、同じような黒白の姿でカメラの前に登場した。どう見ても葬式にしか見えない。まるでだれかが亡くなったかのようだった。

 はたして謝罪の場であの姿は、どうなのか。服飾評論家の辻元よしふみ氏は、「恭順の意を表したかったのかもしれませんが、あれでは喪服にしか見えません。さすがにやり過ぎで、ギョッとしました」と言う。

 洋の東西を問わず、ブラックスーツにブラックタイは葬式に参列する際の格好だ。山口が殺人事件を起こしたというのなら話は別だろうが、その罪状が報道されている通りであれば、喪に服す必要もないはずだ。

「謝罪するのが目的であれば、チャコールグレーのスーツにネイビーのネクタイでも十分にメッセージは伝わったはず。企業の不祥事でも、あそこまで黒でそろえた人たちを見た記憶はありませんね。そもそも黒いスーツは威圧感も与えるので、謝罪には不向き。かなり違和感を覚えました」(辻元氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る