• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

560万円が振り込まれず200万円を借金した「ひとり親方」

 建設業界も、多くの個人事業主に支えられている業界のひとつだ。いわゆる「ひとり親方」として活躍するプロが多く、彼ら抜きには完成しない建物が多い。

 今回話を聞いたのは、そんなひとり親方として働く、内装業者のTさん(36)。本連載では最高額の未払い金のエピソードを語ってくれた。

「僕は今、560万円を未払いにされています。もう生活が立ち行かなくなるところまで追い詰められました」

 案件は、今年3月にオープンしたイオンモール座間の内装。壁紙や床を張ったり、塗装をしたりという建物の最終仕上げの仕事だ。施工業者から仕事の依頼が来て、着手したのが昨年6月。

「最初は、4日で終わる仕事があるんだけど、ということで受けたんです。ところが、受けてからあれもこれもと作業が増えて日数も延びていきました。7月いっぱいには終わるから、と言われたんですが、内装の前段階の作業が滞ったこともあって、結局、11月末まで続きました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る