クラウドソーシングの罠 予算オーバーと値切交渉の挙句に…

公開日:

 フリーランスが仕事を受ける窓口として、最近はクラウドソーシングという形も注目されている。インターネット上に発注者と受注者が集まり、サイトに公開・募集されている案件を受注者が検索、もしくは発注者が依頼をかけて、契約をするというスタイルだ。

 そのクラウドソーシングで日本最大級のサイトが「Lancers(ランサーズ)」。今回は、このランサーズを通じて仕事を受けたが、未払いとなってしまったフリーランスの話をしよう。

 経営コンサルティングの会社を退職し、フリーランスになった30代男性のNさんは、ランサーズに登録し、あるIT系ベンチャー企業から、“国際的な「ICO仮想通貨の技術を使った資金調達」の潮流と、日本でのICOの今後の展望と課題”について、調査・分析を依頼された。仮想通貨の知識もあるNさんにはぴったりの案件だった。

「早速、調査を始め、出したリポートは30枚弱。締め切りよりも前に提出しました。しかし、出した後に『予算オーバーのため』という理由で値切り交渉をしてきたんです。結局、フリーになって初めての案件だったこともあって応じてしまい、3分の1の値段になりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る